鉄分サプリなら不足しがちな鉄分を手軽に摂取できる。

鉄分はサプリで摂取しても大丈夫?

鉄分が不足すると身体にさまざまな悪影響をもたらします。
例えば貧血冷え性むくみなどが多いですね。また、月経のある年代の女性は特に鉄分不足になりがちです。鉄分は日々の食事から摂取できますが、成人女性1日の摂取量12mgを食事だけで摂取するのは難しいと言われています。例えば鉄分の多く含まれる食材の一例としてレバーやほうれん草が挙げられますが『これらを毎日は食べましょう』と言われても難しいことが多いでしょう。ではどうするか?そこで、おすすめしたいのが鉄分のサプリメントです。

鉄分のサプリメント(以下、鉄分サプリ)は、時間がなく、食事に気を使う余裕がない方や鉄分を多く含む食材が苦手な方でも手軽に鉄分を摂取できます。近年の健康ブームも後を押してか鉄分サプリも今ではたくさんの種類があり、初めて見る方にとっては、どれにしようか?迷ってしまうかもしれません。特におすすめなのは吸収されやすい「ヘム鉄」が含まれたサプリがおおすすめです。ヘム鉄はレバーや魚、肉類に含まれる成分なので安心で安全な成分であり、また、ヘム鉄は吸収されやすく副作用を起こしにくいのが特徴です。

お勧めされても食事で摂取できるならサプリを飲むと摂取しすぎてしまうのでは?と不安になってしまう方もいると思いますが、サプリに書いてある説明や1日○粒といった用量をきちんと守っていれば過剰摂取の心配はないです。

成人女性1日の鉄分の上限量は40~45mgです。
1日の上限量の40~45mg以上の鉄分を摂取してしまうと過剰摂取になり、副作用のリスクが高くなります。副作用には「胃のむかつき」や「吐き気」、「下痢」や「便秘」などがありますが、1日の上限量の40~45mgを超えなければ副作用のリスクは低くなります。とはいえ、リスクは低くなっても鉄分サプリを飲んだら便秘になってしまう方も一部いらっしゃいます。そこで鉄分のサプリと一緒に摂取してほしいのが食物繊維の含まれた食材やビタミンC。ビタミンCには鉄分を吸収しやすい形に変えてくれるだけでなく便を柔らかくする効果があるので鉄分のサプリを飲むときには非常にお勧めなんです。
こういった対処方法も書いておくと鉄分不足でサプリをお考えの方でもサプリに対しての不安は少し取り除けたのではないかと思いますので、ご参考になさって頂ければ幸いです。

しかしながらサプリメントを摂取する際は、サプリだけに頼ってしまうのではなく、サプリはあくまでも不足分を補うものだということを忘れないようにして下さい。「サプリ>通常の食事」では無く、あくまで通常の食事が主体ですからね。サプリメントを摂取する際は用量をきちんと守り、鉄分不足のお悩みを解決していくことが大切です。

鉄分のサプリでおすすめのモノといえば?

  • 鉄分不足が心配だけど食事だけで摂取するのは難しい。
  • サプリを試したいけどいろいろあって迷う。

こういったお気持ちの方は多いようです。確かにそうですよね?鉄分サプリにも様々な種類があってどれにしようか迷ってしまいますが、一つおすすめとして挙げたいのは「美めぐり習慣」。通販で購入でき、低価格で販売されている上に返金保証も可能なため、入手しやすいのも魅力の一つ。なお少々鉄分についてご紹介しますと。鉄分は日々の食事で摂取することができますが鉄分の体内吸収率はとても悪く、特に女性は毎月の月経によって鉄分が失われます。結果、鉄分不足になりやすいんですよね。美めぐり習慣にはヘム鉄・葉酸・ビタミンB12が含まれており、効率よく鉄分を補うことができます。鉄分には肉や魚などに多く含まれるヘム鉄と野菜や穀物などに含まれる非ヘム鉄がありますが吸収率が高いのはヘム鉄です。吸収率の高いヘム鉄が含まれたヘム鉄サプリを飲むことで日々の不足した鉄分を補うことができます。

ヘム鉄の他に葉酸とビタミンB12が含まれています。葉酸とビタミンB12が含まれることにより赤血球の形成を助け酸素を身体中に供給してくれます。ですが、飲むタイミングによって効果は変わってきます。お勧めのタイミングは食後30分以内に飲むこと。食事に含まれる栄養成分と一緒に摂取すると体内への吸収を良くしてくれますのでおすすめです。なお、注意点として、間違っても空腹時には飲まないで下さい。胃が荒れてしまう場合もありますので。

【参考】
健康美人は始めてる!鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫


ちなみにサプリメントは薬ではないので毎日飲んでも心配ありません。ですが用量はきちんと守って下さい。ヘム鉄の用量は1日2粒が目安。最初のうちは1度に2粒飲むのではなく、1日2回1粒ずつ食後に飲むことをおすすめします。そして徐々にヘム鉄に慣れてきたら一度に2粒飲んでもらっても大丈夫ですが、あくまでご自身のカラダと相談しながら体に合った飲み方で飲むように心がけていきましょう。

効果の表れには個人差があります。なかなか効果が表れないからといって大量に飲まないで下さい。あくまで、自分のペースで飲み続けることが大切です。そして、鉄分不足からくる貧血や冷え性などの悩みを少しずつ解消していきましょう。

鉄分不足にはサプリを飲むのが良い?

doctor2

鉄分不足になる主な原因は下記の2つです。

  • 偏った食生活によって十分な鉄分が摂取できていない
  • 出血(月経や病気)

月経のある女性は男性に比べて鉄分不足になりやすいです。(特に妊婦さんはその傾向が高いのでご注意くださいね。)鉄分不足になってしまうと貧血や冷え性、むくみがちになるのはご存知かと思いますが、これは軽症の鉄分不足だからです。中症だと体調を崩しやすくなったり、女性ですと妊娠しにくくなります。

重症にまでなると手足に虫が這っている感覚に襲われたり、土を食べたくなってしまう場合もあるとも言われています。他にも鉄分が不足すると酸素不足になり臓器の機能が低下し新陳代謝が悪くなります。なので、痩せにくい身体になってしまいます。

“鉄分不足は放っておくと危険です。”

「貧血なの。」「私は冷え性です。」「よくむくみます。」などの鉄分不足の症状がでた場合は鉄分を意識して摂取してください。もちろん鉄分は食事でも摂取できます。ですが、原因にもあった通り偏った食生活をしていると鉄分不足になりがちです。意識して鉄分が含まれる食事を毎日作るのも大変ですし、吸収率の高いヘム鉄ではなく吸収率の低い非ヘム鉄をたくさん食べていたとしたら鉄分はほとんど吸収されていません。なのでおすすめなのは専用の鉄分サプリを活用すること。サプリですと手軽に鉄分を摂取できるからです。

ただ、注意していただきたいのは非ヘム鉄が含まれるサプリではなくヘム鉄が含まれるサプリを選ぶことです。非ヘム鉄のサプリとヘム鉄のサプリを比べると吸収率は大きく変わってきます。同じ鉄分のサプリでも吸収率が全然違います。サプリを飲むからには効率よく鉄分を摂取できるサプリの方がいいですよね。ですが、サプリを飲んだから大丈夫というわけではありません。あくまでも足りない分を補うためのサプリです。食事をした上でお飲みください。ちなみに鉄分サプリを飲まれると便秘になってしまう場合があります。とはいえ、便秘になってしまった場合にはビタミンCを一緒に摂取することで解消できますので、この点もご参考になさって頂ければと思います。
鉄分不足は「放っておくと危険」 「ヘム鉄は吸収率が良い」ということだけはってことを覚えておくようにして下さい。

鉄分不足を解消する方法は?

現在の日本人女性は四人に一人が鉄分不足です。貧血や冷え性の症状がある場合は要注意!鉄分が不足しています。

鉄分不足なら鉄分をとればいい?

いいえ。単に鉄分を摂取するだけじゃダメなんです。鉄分にも種類があり非ヘム鉄を多く摂取すると副作用を起こすことがあります。鉄分不足を解消するには鉄分を効率良く摂取することが鍵となります。鉄分にも2種類あるので少し説明させて頂くと、

・ヘム鉄
肉やレバー、魚など動物性食品に含まれている鉄分。ヘム鉄は、鉄が鉄ポルフィリン複合体に包まれているので胃腸障害などの副作用がなく体内への吸収率も非ヘム鉄に比べ高い。

・非ヘム鉄
植物性食品(海藻類や豆類、野菜など)に含まれる。ヘム鉄は鉄がむき出しの成分なので大量に摂取すると胃腸障害などの副作用を起こし吸収率もヘム鉄に比べ低い。

以上、2つの成分を比べるとヘム鉄の方が良いですよね。
ですが、鉄分のために肉や魚ばっかり食べると栄養が偏ってしまいます。そこで、非ヘム鉄の吸収率を上げる方法を紹介しますね。非ヘム鉄は単体で摂取すると吸収率は悪いですが食べ合わせ次第では吸収率を上げることができます。鉄分を効率良く吸収する働きのあるたんぱく質(肉類や魚類)とビタミンCを一緒に摂取することで吸収率を上げてくれます。

鉄分は一度に大量摂取しても全部を吸収することはできません。1回の摂取量は決まっているので鉄分は食事などの複数回にわけ一定間隔で摂取するのが良いとされています。おやつや小腹がすいたときには鉄分を含むレーズンやナッツが良いですよ。鉄分を食事だけで摂取できるのが理想的ですが鉄分不足になりやすい女性には鉄分サプリの併用をお勧めします。サプリを併用される場合は非ヘム鉄ではなく、副作用の心配のないヘム鉄の含まれるものを選んでください。なお、鉄分不足を解消するには、

  1. 鉄分を効率良く吸収する
  2. ビタミンCやたんぱく質などと一緒に摂取
  3. サプリはヘム鉄が含まれるもの
  4. 一度に大量摂取ではなく、複数回にわけて摂取

上記の4つがポイントとなります。
このポイントをおさえて上手に鉄分を摂取し鉄分不足を解消していきましょう。

冷え性対策の効果のある方法とは?

冷え性は生まれつきではなく生活習慣などが原因で起こります。冷え性になる原因は主に

  • 不規則な生活やストレスなどによる自律神経の乱れ。
  • 低血圧や貧血などにより血液循環が悪い。
  • きつい下着などを着用することによって皮膚感覚が乱れる。
  • 運動不足などにより筋肉量が少ない。

そして、冷え性が女性に多い理由には「女性ホルモンの乱れ」も関係しているからです。
原因を知ると、身体の外側から温めるだけじゃ意味がないのが分かりますよね?内側と外側の両方から身体を温めることが大事です。内側から身体を温めるには血液循環を良くしないといけません。

血液循環が悪くなる原因には貧血があります。貧血は鉄分が不足して起こりますから普段から鉄分を摂取することを意識しましょう。鉄分を摂取し、血液中の赤血球を増やすことにより冷え性も起こりにくくなります。冷え性対策には食事に気を配ることや運動も大事ですが、時間がなくて出来ない方へ日常生活でも取り入れられるお勧めの冷え性対策を3つ紹介しますね。

(1)肌の露出は避け、薄着や素足にならないようにする。
夏場でもクーラーのある場所ではカーディガンを着用し身体を必要以上に冷やさないようにしましょう。冷え性の原因にもありましたが身体を締めるような服や下着は血行を悪くするのでNGです。

(2)シャワーで済まさず、湯船に浸かる。
身体を芯まで温める為に湯船に浸かって下さい。長時間浸かるのが苦手な方には半身浴がお勧めです。本を読んだり携帯をいじるなど入浴中に好きなことをしていたらあっという間に時間は進んでいきます。

(3)寝るときには首にタオルなどを巻く。
首元には大きな血管が通っていますのでタオルなどを巻き、温めることによって血流が良くなります。タオルが短ければスカーフやマフラーでも大丈夫です。首元を温めるのは日中にもできますが、身体が温まると、ぐっすり眠れるので寝るときに巻くこともお勧めします。

お風呂には少し時間をとらせてしまいますが、どれも日常生活の中でできることなので是非、試してみて下さい。冷え性対策に大事なのは「内側と外側の両方から身体を温める」ですからね。

手足の冷えの改善方法って?

bathroom

手足が冷えるのはどうしてだと思いますか?それは体内で温められた血液が手足まで行き届かないのが主な原因なんです。そのため、手足の冷えを改善することは生活習慣を見直すことが大切です。手足の冷え対策として普段、意識することのない生活習慣で気をつけたいポイントをお伝えいたしますので、以下をご参照ください。

(1)食事
一日3食きちんと食べましょう。特に朝食には体温を上げてくれ身体のリズムを整えてくれる働きがあるので大切です。そして、身体を冷やす食べ物や冷たい飲み物は出来るだけ避け、血行を促進する食べ物(にんじんや玉葱など)を積極的に食べましょう。

(2)入浴
全身浴よりも半身浴。38度~40度ぐらいのぬるま湯に最低でも20分は浸かって下さい。長い時間お風呂に浸かることによってぬるま湯の半身浴でも身体の芯から温まります。ベストな半身浴はみぞおちよりも下の部分が湯船に浸かっていることです。

(3)運動
ウォーキングやストレッチが有効ですが運動する時間がなく、出来ない方は日頃から多めに歩く工夫をしましょう。一駅分歩く。近場に行く際は歩く。エスカレーターではなく階段を使う。これだけでも普段より多く歩いたことになります。ストレッチは、ながらで大丈夫です。テレビを見ながらでも家事をしながらでも出来るときにしましょう。そして、かかと上げやスクワットは冷え性に効果があるとされていますので少し余裕のあるときはチャレンジしてみて下さい。無理をせずに自分に合った回数で大丈夫ですよ。ちなみに足には冷え性に効くツボがあります。足の薬指と小指を揉み解してあげると冷え性に効果的なので試してみてください。

(4)タバコ
それと、タバコを吸われてる方は禁煙とまではいきませんが、普段より控えるようにしてみてください。ニコチンは血管を収縮させるので血行を悪くしてしまいます。

冷え性を改善するには生活習慣で気をつけたい、以上の3つのポイントが大切になります。簡単にできることばかりですが続けていかないと冷え性を改善できません。3つのうち、どれかが欠けても改善の効果は落ちてしまいますので自分のペースに合わせて続けてくださいね。辛い手足の冷えにさよならしましょう。

足のむくみを解消する対策方法は?

foot_m_img

立ち仕事やオフィスワークなどで足がむくんでる。足がぱんぱん。と感じること、ありませんか?朝は足の疲れやむくみが気にならなかったのにどうしてなのか?それは、むくみが昼から夕方にかけて「ピーク」を迎えるからなんです。さらに、むくみを放って置くとむくみの状態は、どんどん「悪化」していきます。悪化すると一度むくんでしまうと解消するのに時間がかかってしまいます。そのため、むくみになる前に対策をし、予防することが非常に大切になってきます。では、そんな時におススメの足のむくみ対策をいくつか紹介してみたいと思います。

・根本的な原因を解消する
むくみは冷え性からなります。そして冷え性は鉄分不足からなるのでまずは鉄分不足を解消しましょう。鉄分は食事やサプリで摂取できます。不足しないように食事生活を改善し足りない分をサプリで補うのが効果的です。ヘム鉄は吸収率が高いのでお勧めですよ。

・運動やマッサージを行う
運動やマッサージは血流を良くする効果がありますので自分に合っていて続けられるものを選んで下さいね。椅子に座りながらでも出来る足関節運動ですと仕事中でも家の中でも出来ます。やり方は簡単で、つま先とかかとを交互に上げて下さい。これを数回繰り返し、できれば1時間ごとに行ってください。マッサージは入浴後の血流が良くなってる時に行うのがお勧めです。リンパの流れを良くしたり血液を心臓に戻すことを意識してマッサージしてください。

・お風呂には必ず浸かる
身体を芯まで温め、血流を良くしましょう。カラスの行水では芯から温まりません。半身浴で20分以上浸かることが効果的とされています。シャワーでささっと済ます方も多くなってきた昨今ですが、いま一度湯船につかる、という行為を意識していくことで、体に優しい作用が生まれますよ。

・寝る前にホットミルクを飲む
入浴で身体を芯から温めマッサージで血流を良くし寝る前にホットミルクを飲むことで質の良い睡眠がとれます。入浴とホットミルクはむくみと冷え性にとても効果的です。

以上、いかがでしたでしょうか?きちんとした対策を行うことで気になる足のむくみを抑制することは十分に可能です。対策を続けることによりミニスカートや短パンだってむくみを気にせず穿ける様になりますよ。むくみが気になりだしたら決して放置せず、是非この機会に対策を行っていみてください。

足のむくみの原因ってそもそもなに?

・長時間の立ちっぱなしや座りっぱなし
長時間立っていると足への負担がかかり疲労が蓄積され、逆に長時間座っているとリンパの流れや血行が悪くなります。血液は重力の影響を受けるので血液が足に溜まっていくんです。普段の生活や仕事内容ともかかわってくることではありますが、極力は長時間の立ちっぱなしは控えるように意識しておくのがおすすめです。

・身体の冷えや血行不良
女性は男性に比べると筋肉量が少なく冷えを感じやすくなります。そして女性は皮下脂肪が厚いので一度、身体が冷えると温まりにくくなり血行が悪くなります。

・塩分や水分の摂り過ぎ
塩分や水分を取り過ぎると余分な水分が溜まり、むくみの原因に。水分補給の際は常温の飲み物を日中は多めに飲み、夜は少な目に飲むと良いですよ。また、外食などをされる方も要注意。外食時には塩分が多めに設定されていることがあります。できれば自炊でコントロールできるように、それが難しければ、塩分ひかえめな食事を意識して外食をするように心がけてみて下さい。

・運動不足
運動が不足すると新陳代謝が低下し筋肉が衰えてきます。新陳代謝の低下、筋肉の衰えによりリンパの流れや血行が悪くなるんです。忙しい毎日だからこそ運動不足になりがちですが、少しの時間でも良いので、体を動かす習慣を身に着けていくように心がけてみて下さい。

・病気からくるむくみ
妊娠中毒。肝臓病。心臓病。腎臓病など病気によって症状の表れ方は違いますので、全身むくんだり、長時間むくんでたりいつもと違うむくみだと思われる際は病院に行って診察を受けた方がいいですよ。

などなど、足のむくみの原因には様々なものがあります。
では、病気からの原因を除いて最も注意すべきことは何だと思いますか?

最も注意すべき原因は「鉄分不足」です!
鉄分が不足することで悪循環に陥ってしまうんですね。鉄分不足になることで身体が冷え、身体が冷えることで足がむくみます。そのため、根本的な原因の鉄分不足を解消することがむくみを解消することに繋がります。

現代の一般女性は4人に1人が鉄分不足とされています。女性に冷え性が多いのもこの為です。
不足した鉄分を補うことで血液中の赤血球が増え、血液の質が良くなります。そして、身体を冷やさないようにし質の良くなった血液を身体の隅々まで巡らせましょう。現代の人は貧血や冷え性、むくみで病院に行く人って少ないですよね。病院にいかないにしても大丈夫と思って放置してませんか?身体に起きていることを放置するのはダメです!予防するのが1番良いですが少しでも症状が出てしまった場合はすぐに対処して下さいね。

貧血には鉄分サプリが良い?

現在の日本人女性は4人に1人が貧血で2人に1人が貧血予備軍と言われているのをご存知でしょうか?女性は毎月の月経で多くの鉄分を失います。そのため、男性よりも貧血になりやすいのですが、ほとんど多くのの女性は自分が貧血や鉄分不足だと認識してないんことが多いんですね。貧血が続くと身体は慣れてくるので気づかないことが多いです。貧血に気づかないだけで治ったわけじゃありません。その点を誤解されていると気が付いたらカラダがの調子が大変なことにもなり兼ねません。

では、そもそも貧血ってなんだと思いますか?貧血=血が少ないって思ってませんか?

答えはNOです。

貧血になっても体内の血液の量は変わりません。貧血の定義は「7血液中の赤血球が減少すること」、それを貧血と定義されています。血液中の赤血球が減少すると体内の酸素が隅々まで行き届かず酸素不足になってしまいます。それでは、赤血球を増やすにはどうしたら良いでしょう?血液中の赤血球を増やすには鉄分が必要不可欠になってきます。とくに女性は鉄分が不足しやすい為、不足分を補わないといけません。

meal_img

鉄分は日々の食事で摂取できます。ですが、食事の量が少なかったり偏った食事を続けていると、十分な量の鉄分を摂取することが難しく、その結果、「鉄分不足」に陥ってしまいます。鉄分は他の成分と比べると体内へ吸収されにくい成分です。そのため、鉄分を摂取する際は鉄分サプリを飲むのが良いです。サプリを飲むことで鉄分摂取の効率を上げてくれます。鉄分のサプリにもいろいろありますが、最近では、吸収率の高い「ヘム鉄」が主流となっています。ヘム鉄の含まれたサプリはドラッグストアでも販売されており、値段もお手ごろ価格で用意されていることが多いのでおすすめです。

鉄分は不足しても過剰摂取しても良くない成分です。不足すると貧血はもちろん冷え性やむくみの原因にもなりますし、また過剰に摂取すると便秘や胃腸障害などの原因になります。ですが、普段の食事やサプリの用量をきちんと守れば過剰摂取になることはありません。

それでも過剰摂取が心配な方は血液検査などをし自分の状態を知ってからサプリを飲むことをお勧めします。上手に鉄分を摂取することにより貧血を解消できますので貧血や鉄分不足の症状が出た際はサプリでの摂取をお試し下さい。

貧血に効く鉄分の多い食品って?

貧血の対策するには鉄分を多く含む食品を意識して食べる必要があります。鉄分にも2種類あるので「ヘム鉄」が多く含まれる食品と「非ヘム鉄」が多く含まれる食品を分けて紹介しますね。

【ヘム鉄が多く含まれる食品】

  • レバー類(特に豚や鳥)
  • 牛肉や赤身の魚
  • しじみやアサリなどの貝類
  • 卵(特に卵黄)

などなど、これらの動物性食品に含まれています。

【非ヘム鉄が多く含まれる食品】

  • 大豆製品(豆腐や納豆など)
  • 海藻類(ひじきやわかめ、木耳など)
  • ホウレン草やレンコン
  • もやしなどの野菜類

などなど、これらの植物性食品に含まれています。

こうやってみてると、普段食べている食品にも鉄分が多く含まれていることが分かりますね。そして、最近話題の「アサイー」。栄養価が高いことで話題になりましたよね?アサイーに含まれる鉄分はレバーの約3倍。その他にもカルシウムや食物繊維などが豊富に含まれています。そう、アサイーは、とても優秀なフルーツなんですね。また、飲み物では「ココア」に鉄分が多く含まれています。その他にもココアには亜鉛やマグネシウムなども豊富に含まれています。美味しくて栄養がある、というのは、摂取する際にたいへん良いですよね。

ここまで、鉄分を多く含んだ食品を紹介しましたがヘム鉄の含まれる食品に偏ったり非ヘム鉄の含まれる食品だけを食べていても貧血には効果ありません。ヘム鉄は非ヘム鉄より多く鉄分も含まれ吸収率も高いですが、非ヘム鉄には鉄分の他に栄養成分を豊富にふくんでいるので一緒に食べることをおすすめします。

一緒に食べることで鉄分の吸収率を上げ偏った食生活を正してくれます。食事にはヘム鉄と非ヘム鉄の含まれた食品をバランスよく食べ、おやつにはアサイー(チョコなど)一息つきたいときにはココアを。そうやって意識して鉄分を摂取することで貧血を予防、または解消してくれます。「サプリに頼る前に・・・」いま一度、食生活を見直してみてください。

食生活が偏ると鉄分不足になり貧血になりやすくなるので偏った食生活を正していくように心がが毛ていきましょう、それでも、鉄分が不足してしまう場合はサプリで足りない分を補って下さいね。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました。いかがでしたでしょうか?ご参考にして頂ければ幸いです。文中でもお伝えしてきましたが、鉄分不足は現代社会で生活する人間にとっては、慢性的に陥りがちな症状の一つとされてきています。忙しい毎日を過ごすなかで、それでも日々必要な栄養素を摂取することは難しいことが多いでしょうし、だからこそ手軽に栄養を補給できるサプリメントという存在が注目を集めているのだと思います。バランスの良い体調を整えるためにも、今後ますますのサプリメントの活躍の場が増えてくることでしょう。ですがあくまで基本的なベースとなるのはサプリメントでは無く食事です。この点は誤解なさらないように意識しておいた方が良いでしょう。忙しい、忙しいと、忙しさを言い訳にしてしまうことも、時にはあるかと思います。ですがそこで、少しだけ頑張って時間を確保してみる、いつもより意識的に栄養のあるものを摂取するように心がけてみる、それだけでも大きく変わってきます。普段の生活で出来る何気ない、ちょっとした一工夫や、ちょっとした努力の積み重ねが、健康管理において、大きな影響を与えてくるようになります。

【PR】


サブコンテンツ

このページの先頭へ