【栄養補給対策】妊娠中の栄養補給がお腹の子供に影響する。

1、妊娠中の栄養補給の必要性について

c7477839714df3374b4a71bd33bad839_s
妊娠中の栄養補給についてあなたはどのようにお考えでしょうか?妊娠中の栄養補給を怠ると後になって大きく後悔するかもしれません。妊娠するとお腹の中に一つの命が宿りますが10ヶ月後には赤ちゃんとして生まれてきます。この10ヶ月という期間は人の一生のうちどの時期よりも圧倒的な早さで成長して基本的な体の構造が決まってしまいます。

その子供の成長に欠かせない栄養素は間違いなく母親の体を通じて補給していることを考えると、妊娠中の栄養補給は絶対的に必要だということは明らかです。

栄養カウンセラーの先生の話によると栄養満点の母親から生まれてくる子供も等しく栄養満点で、夜鳴きをしなかったり病気やアトピーにも強いので子育てであまり悩まされることがなくなるそうです。また、栄養状態が良い母親から生まれてくる子供のほうがIQが高いという研究結果も出ています。研究者によるとお腹の中の子供の脳の発達にも十分な栄養補給は深く関わりあっているとのことです。

1-1、出産後の母親の体調について

妊娠中に摂取した栄養素の大半はお腹の中の子供へ供給されていくので当然母親も栄養不足になりやすくなります。もし、母親が栄養不足のまま出産するとほぼ栄養失調に陥りホルモンバランスも崩れやすくなるので、抜け毛が凄まじくなり酷いとスカスカで地肌が見えてしまうぐらいになってしまいます。これまで芸人のハゲいじりなどを見て笑っていた側だったのに、今度は自分に向けてイジられているかのような感覚に襲われてうつ状態になるので注意してください。

ですので、毎日の栄養補給は妊娠中のお腹の中の子供がスクスクと健康で育ってもらうためと、その後も安心して過ごすためにはとても大切だということが言えます。次では妊娠中に必要な栄養素について説明しますのでしっかり対策をしていきましょう。

1-2、必要な栄養素について

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s

妊娠中のママさんは普段通りの食事では必ず不足してしまう栄養素があります。それは「葉酸」と「鉄分」です。妊娠中の1日に必要とされる葉酸と鉄分の推奨量は下記の通りです。

葉酸の摂取推奨量
  • 通常時 240μg
  • 妊娠初期~中期~後期 480μg
鉄分の摂取推奨量
  • 通常時 6.5mg
  • 妊娠初期 13mg
  • 妊娠中期~後期 25.5mg

ご覧いたただいたとおり通常よりもおよそ2倍もの摂取量が必要になります。また、葉酸については厚生労働省から妊婦さんに向けて摂る必要性が通達されているのであなたも知っているかもしれません。葉酸は細胞分裂とDNAの合成に深く関わっている栄養素で、急激な細胞分裂によってに成長していくお腹の中の子供にとっては必須の栄養素になります。

また、研究機関によって葉酸を摂取すると胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減できることが分かっています。なお、葉酸は3ヶ月前から摂取することが推奨されているので妊娠中の場合は今すぐ取り入れる準備をしてください。

鉄分については自身の血液に加えて新たなお腹の中の子供にも血液が必要になるので、それとともに多く必要になります。また、出産時にはたくさんの血液を失いますので鉄分が不足しないように準備をしておきましょう。

1-3、葉酸と鉄分を効率良く取り入れるには?

葉酸と鉄分を多く含まれる食材を選んで積極的に食べる必要があります。

【葉酸】

  • レバー
  • うなぎのきも
  • ほうれん草
  • ブロッコリー
  • みかん
  • キウイ
  • 甘柿
  • パパイヤ

【鉄分】

  • レバー
  • 豚肉
  • マグロ
  • カツオ
  • イワシ
  • 貝類

これらの食材をバランス良く取り入れていきましょう。毎日の仕事が忙しくて料理のレシピを考えるのが面倒と感じる場合は妊婦さん向けの葉酸と鉄分の両方を摂取できるサプリメントを活用してください。

厚生労働省から葉酸サプリを勧める動きがあってから安心で高品質なサプリメントは多く見受けられるようになりましたよ。葉酸と鉄分を効率よく働きかけてくれるビタミンB群やビタミンCなどもしっかり考えて配合されているので食事と合わせて上手にお役立てください。

2、妊娠中の不足分の栄養補給を食事で補うのって実は凄く大変!

f504c7138612568ab934d3e2ed41f631_s

 

妊娠中の食事で一番大切なことは栄養の偏りのないバランスの取れた食事です。必要な栄養素の量は通常の時よりも多くなるので正しい知識をしっかり身につけてお腹の中の子供にしっかり栄養を届けてあげましょう。次では妊娠中のママさんが不足しやすくなる栄養素についてご紹介します。

2-1、妊娠中に摂取する必要がある栄養素は?

■葉酸

葉酸は細胞分裂の促進に深く関わりのある栄養素で、お腹の中で急速に成長する子供には必須です。また、研究によって胎児の神経系障害が発症するリスクが軽減されることが分かり、平成14年より厚生労働省より葉酸の摂取を促すようになりました。葉酸の摂取量は妊娠初期から後期までに1日400μgが必要です。

葉酸を多く含む食材と目安量

  • レバー30~50g
  • うなぎのきも100g
  • うに100g
  • 卵黄285g
  • ほうれん草200g
  • サニーレタス330g

これらの食材の目安量で1日に必要な葉酸のおおよその摂取量400μgを満たすことができます。ただし、葉酸は水と熱に弱い性質を持っているため普通に調理すると約50%以上の栄養素が失われてしまいます。さらに体内への吸収率は50%程度なので熱で調理した食品で摂取するのはかなり難しいと言えます。

ですので、生のサラダで食べるかミキサーでジュースにするなどの工夫が必要になります。サラダやジュースにするときの目安となる量を350gで見積もると400μgを補うことができますよ。

■鉄分

鉄分は主に血液中ある成分ですが妊娠中のお腹の中の子供に血液を送り込む際に必要になります母体の鉄分が不足して貧血になりやすくなりますのでふらついて転倒しないようにしっかり鉄分を摂取して対策しておきましょう。また、出産の時に大量の出血が伴うので妊娠初期の段階から鉄分を積極的に摂取しておく必要があります。鉄分の摂取量は妊娠初期は7.5mg、中期から後期にかけて18mgが1日に必要です。

鉄分を多く含む食材と目安量

  • レバー(豚、鶏)68g~160g
  • にぼし41g~100g
  • ひじき15g~40g ※乾燥状態の重量
  • 貝類180g~450g
  • 納豆220g~550g

それぞれ食材の数値の最小値が妊娠初期の7.5mg、最大値が妊娠中期・後期の18mg鉄分の必要量を満たせます。ひとつの食材だけ見ると無理そうに思えますが組み合わせるなどの工夫をして必要量を満たしていきしましょう。

2-2、葉酸と鉄分を食事で摂取するのが大変と感じたら?

妊娠中のつわりや貧血のつらい症状を抱えた中で料理をするのも献立を考えるのも大変だと感じるかもしれません。かといって今まで通りの食事をしていたら安心して出産を迎えられません。そういう場合に便利なのが葉酸と鉄分を同時に摂取できるサプリメントです。

50392e0c04dc5f226d75ba52581e6776_s

 

近年では厚生労働省から葉酸を摂るよう働きかけがあったおかげで、安心でなおかつ高品質な妊婦さん向けのサプリメントが多く見受けられるようになりました。

妊婦さん向けのサプリメントの特徴は今回お伝えした妊娠中に必要な葉酸と鉄分の必要量を満たせるだけではなく、吸収率の高い食材から厳選して配合して作られています。妊娠中の食事管理が難しいという場合は、葉酸と鉄分を同時に摂取できるサプリメントをうまく活用して元気な赤ちゃんを出産するための準備をしてください。

 

3、妊娠中の栄養不足対策におすすめが「ベルタ葉酸サプリ」。その理由とは?

 

img.a1

 

葉酸サプリは厚生労働省から妊婦さん向けに勧めるほど認知されているので種類が多くて選ぶのに困ってしまいますよね。そこでおすすめがベルタ葉酸サプリなのですが、安心して飲めるかどうかをその理由について今回お伝えしていきたいと思います。

 

3-1、母体と赤ちゃんに有効な成分が充実

img.b1

葉酸

葉酸はビタミンB群の一つで細胞分裂に深く関わる成分です。妊娠中は細胞分裂を繰り返して急速に成長していくお腹の中の赤ちゃんの発育には絶対に欠かせない栄養素です。そのため、妊娠中は通常の2倍もの摂取量が必要になります。

ベルタ葉酸サプリには厚生労働省から妊婦さんに勧められている葉酸の1日の摂取目安量400μgをしっかり満たすことができます。また、葉酸は赤ちゃんの「無脳症」や「二分脊椎」の先天性異常のリスクを低減する効果もあるのでしっかり摂取していきましょう。

鉄分

鉄分は血液中にあるヘモグロビンの生成に欠かせない成分で、体内への吸収率が8%と低く不足しやすい性質があります。妊娠中はお腹の中の赤ちゃんを優先して血液を供給するので、母体の鉄分がさらに不足しやすい状態になります。めまいやふらつきなど貧血特有の症状が出やすいので転倒してしまうと危険です。

また、もともと鉄分不足ぎみの人が妊娠すると胎児へ十分な酸素が送れなくなるので発育に影響を及ぼすことも懸念されます。さらに出産時には大量の出血が伴うので妊娠から出産までの10ヶ月間で鉄分をしっかり体内へ保ち続ける必要があります。ベルタ葉酸サプリには失いがちな鉄分をしっかり補給することができますよ。

カルシウム

カルシウムは妊娠期から授乳期まで必要で骨や歯になるカルシウムは母体にも赤ちゃんにも大切な栄養素です。また、出産後には母体のほうがカルシウム不足だと骨粗しょう症になってしまうことも報告されているのでしっかり摂取しておきたいですね。ベルタ葉酸サプリは牛乳だと232g相当のカルシウムを摂取することができます。

ビタミンB6

ビタミンB群では葉酸が注目されがちですがビタミンB6も積極的に摂ると良いと言われています。なぜなら妊娠中にビタミンB6を摂取しておくとつわりが軽くなるという報告がされているからです。また、ビタミンB6は造血効果もある栄養素で葉酸とお互い助け合いながら作用します。

27種類のビタミン・ミネラルを配合

ここまでお伝えした葉酸や鉄分などの栄養素は単体ではあまり効果を発揮してくれません。それぞれに栄養素は吸収率を高めたり、お互い助けあってはじめて作用してくれるのが本当の意味での役割なんです。

ベルタ葉酸サプリには27種類のビタミン・ミネラルがバランス良く配合されているので無駄なく効果を発揮してくれます。さらに20種類のアミノ酸も配合されているので様々な栄養素の働きを強力にサポートしてくれます。

 

3-2、ベルタ葉酸サプリは副作用なし

ベルタ葉酸サプリは副作用が起きる薬という立ち位置ではないので体の不調を心配する必要がありません。また、放射能検出・残留農薬チェックも徹底した品質管理のもとで製造しているので品質面においては問題ありません。もちろん無添加なので妊娠中でも安心して毎日飲むことができますよ。

 

3-3、厚生労働省が推奨している葉酸を配合

ベルタ葉酸サプリは厚生労働省が推奨している「合成葉酸」を採用しています。また、ベルタ葉酸サプリは合成葉酸からさらに栄養価の高い”酵母葉酸”を配合しているので、より効率よく効果的に摂取することができます。逆に厚生労働省が推奨していない天然葉酸のほう吸収率が半減してしまうので選ぶ際は注意してくださいね。

 

3-4、サポートも充実

ベルタ葉酸サプリは外部のコールセンターではなく、全員が社員の方で出産、授乳、育児経験のあるスタッフがサポート対応してくれます。妊娠中に何か不安な点が見つかった場合には丁寧に対応してくれるのでお気軽にご相談ください。

葉酸サプリでここまで徹底したサポートのある会社は私の知る限りではベルタ葉酸サプリしかないので気になる方は是非公式サイトを確認してみてください。

【参考サイト】→ ベルタ葉酸サプリ公式サイト

4、ベルタ葉酸サプリを使う方へ

 

<ベルタ葉酸サプリを使ってはいけない人と使ったほうが良い人>

 

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

 

ベルタ葉酸サプリは2015年モンドセレクション金賞を受賞した世界でも認められた葉酸サプリメントです。葉酸は水や熱に弱くて、さらに体内への吸収率も50%程度と低いので食事で摂るのは困難を極めます。

葉酸の持つ新しい細胞を作る性質は、お腹の中の赤ちゃんが急激な細胞分裂による成長に必要不可欠の栄養素です。だから葉酸が不足する事態は絶対に避けなければいけません。

特に30代での出産は母体や赤ちゃんへの負担も大きくなりがちなので妊娠から出産までは毎日の葉酸の摂取は欠かせません。なので、ベルタ葉酸サプリをうまく活用して葉酸をしっかり補給するのは賢いやり方です。

ですが、ベルタ葉酸サプリを使ってはいけない人も中には少なからずいます。次ではベルタ葉酸サプリを使ってはいけない人の特徴を説明します。

4-1、ベルタ葉酸サプリを使ってはいけない人

171599

ベルタ葉酸サプリを万能薬だと勘違いしている人

ベルタ葉酸サプリは薬ではなくあくまでも補助という役割ですので食事をおろそかにしてしまう人は使ってはいけません。

1日4粒の使用用途が守れない人

あなたは該当しないと思いますが、中にはたくさん飲めばより効果が得られると勘違いしている人が少なからずいるようです。ほとんどの栄養素には耐容上限量というもの設定されており、それ以上の数値を上回ると過剰摂取になります。葉酸の妊娠中の耐容上限量は1400μgで1日14粒飲むと過剰摂取量に到達してしまうのでベルタ葉酸サプリの目安量1日4粒はしっかり守りましょう。

過度なベジタリアンの人

ベルタ葉酸サプリと併用して大量の野菜を毎日食べる人は使ってはいけません。大量に食べ過ぎると葉酸の1日の耐容上限量1400μgを超えてしまうからです。

 

大量の野菜の定義は1日に生野菜350g相当の量です。煮たり炒めたりすれば葉酸は50%以上失われるので問題ありませんが、生で350gを毎日食べてしまうと過剰摂取になってしまいます。生野菜で350gはかなりの量なのでベルタ葉酸サプリと併用する場合は注意してください。

葉酸を過剰摂取した時にみられる症状は、不眠症や食欲不振、吐き気、むくみ、アレルギー反応などが出ることがあります。

 

4-2、ベルタ葉酸サプリを使ったほうが良い人

171608

妊娠中、妊活中の将来のママさん

妊娠中、妊活中の将来のママさんにベルタ葉酸サプリはおすすめです。ベルタ葉酸サプリに含まれる葉酸は冒頭でもお伝えした通り新しい細胞を作る性質があるのでお腹の赤ちゃんの成長には欠かせません。

また、葉酸の新しい細胞を作る役割は受精卵の着床しやすいように厚みのある子宮内膜を生成する作用があるので妊娠しやすい体質になれます。しかも受精卵が子宮内膜にしっかり定着してくれるので流産のリスクをかなり低くすることができます。

4-3、まとめ。

velta_img

 

ベルタ葉酸サプリは厚生労働省が定めたGMP認定工場で医薬品レベルの品質と安全管理の元で作られています。さらに、無添加で危険な合成化学物質は一切しようしていないので安心して毎日飲み続けることができます。

葉酸サプリは数多くある中で本当に安心して飲めるのは私の知る限りベルタ葉酸サプリだけです。将来のママとお腹の赤ちゃんの二人のために上手に活用してください。

btn_green

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ