カラダの疲れが取れないのは鉄分不足が原因!?疲労回復に必要な1日に必要な鉄分量と鉄分補給対策とは?

e97568c8b1759339c3081782f55d623c_s

1.カラダの疲れは「鉄分不足」と密接な関係が。

以前よりカラダが疲れやすい、年齢を重ねると共にそのように感じている方も少なくないかと思います。その原因を加齢や体力の低下などと考える方もいるでしょうが、実際には「鉄分不足」が疲れを引き起こす原因となる事があるのです。
鉄分不足は体に「酸欠」を引き起こしやすくしてしまいます。そのため、体に酸素が減り、ヘモグロビンの量も減るという事でもあり、体は鉄分が多い時に比較すると疲れやすくなってしまう症状がみられます。

1-1.鉄分不足が重症化するとどうなる?

鉄分不足がより重症化すると、体に疲れを感じてしまう症状の他にも、不眠症を引き起こしてしまうケースが多くみられます。体の酸欠状態が続くという事は、脳も酸素が不足している状態になる事と同じ意味があります。しかし人間は、寝ている時の方が深く息を吸い、急速には多くの酸素を必要としてしまいます。鉄分不足により酸欠状態が慢性化すると、脳はなるべく酸素を消費しない状態を選ぶため、寝ない様に起きている様に働きます。そのために鉄分不足が酷くなると睡眠不足に陥りやすくなってしまうのです。

1-2.しっかり寝ても眠たいのは鉄分が不足している?

十分な睡眠時間を確保していたのにも関わらず、日中、夕方になると眠たいという方もいるはずです。その症状は、鉄分不足による症状である可能性が考えられます。鉄分が不足すると、体は酸欠状態になりますが、睡眠中は休息のために脳に多くの酸素を必要とします。しかし、鉄分不足によりヘモグロビンの量が少なくなると、酸素を含んだ血液を十分に脳に遅れなくなってしまいます。そうすると、ぐっすりとした睡眠を確保する事が出来なくなり、体が疲れたまま起床してしまう事となるのです。そのように疲れが体に溜まった状態は、肌荒れや新陳代謝を悪くする事に繋がるため、美容的な悪影響を与えてしまう原因にもなりかねません。鉄分は習慣的に、適度な量を摂取していく事が健康上必要であると言える大切な栄養素なんです。

2.疲労回復には鉄分補給!疲れを解消するコツとは?

体に疲れを感じる、しっかり寝ているはずなのに疲れが取れない、などの症状に関しては、鉄分不足が関係している可能性が考えられます。鉄分は体の中で言うところの、酸素を運ぶ役割があるヘモグロビンなどの量と関係していますが、この量が減ると十分な酸素を体の隅々まで行き届かせるのが難しくなるのです。人間の体は休息しているとき、すなわち睡眠中に多くの酸素を必要としています。しかし鉄分が不足すると酸素を十分に、脳に行き届かせる事が出来なくなり、なかなか寝付ける事が出来なくなり、疲れが溜まってしまう事に影響してしまうのです。疲労回復したいという事であれば、効率的に鉄分補給を行う事が望ましいと言えます。

2-1.鉄分補給を食品から

疲労回復を目的とする鉄分補給ですが、その方法の一つが食品からの摂取です。鉄分を効率的に補給出来る代表的な食品としては肉類です。良く耳にされるところでは「レバー」などの肉類ですが、ほかにも赤身の肉にも鉄分が豊富に含まれています。また、鉄分が豊富に含まれるのは肉類に限った事ではありません。魚介類ではシジミや牡蠣、アサリやイワシなどに多く含まれると知られます。野菜ではひじきや海藻類、大豆やほうれん草などの食品が代表的なものです。これらの食品を定期的に摂取すれば、鉄分補給を行い疲労回復を期待する事が出来るでしょう。

2-2.サプリメントから補給

鉄分を食品から習慣的に摂取出来るという方であれば問題ありません。しかし、中には得意ではない食べ物である人もいれば、毎日レシピに加えるのに手間がかかると考える方もいる事でしょう。そのような方々におすすめの方法がサプリメントでの鉄分補給です。サプリメントと一口にいってもメーカーや種類が豊富にあり、それぞれで鉄分の含有量や別の栄養素が含まれているのかどうかは異なります。ただ、食品から定期的に摂取するよりは、サプリメントの方が手軽に鉄分補給を行えるメリットがあります。疲労回復をサプリメントで行いたいという方は、鉄分をサプリから摂取してみつのは、一つの有効な手段といえるでしょう。

【参考】→ 鉄分補給サプリメントならコチラ≪美めぐり習慣≫



3.1日に必要な鉄分量はどれくらい??適切な摂取量を把握しよう!

鉄分が体から不足すると様々な症状が現れてしまいます。そこで、食品やサプリメントなどから意識的に鉄分を摂取しようと考える事があっても、どれくらい摂取すれば良いのか分からないという方も多いはずです。1日に必要な鉄分量ですが、男女で分かれます。成人男性の場合は1日あたり10mg程度、成人女性の場合は1日あたり12mg程度が適正な量です。普通であれば男性の方が多く必要とすると思われがちですが、女性の方が1日に多くの量が必要な理由は、生理などの理由によって、多くの鉄分が損失する事が考えられるからです。
男女共に、適正な量の鉄分を摂取する事が健康上大切な事です。

3-1.鉄分は取り過ぎてしまっても駄目?

1日に必要な鉄分量が分からない人にある事として、余計に摂取すれば足りると考える事もあるでしょう。確かに数字の上では必要量に達するため、多く摂取する分には問題無い様に思われるかもしれません。しかし、鉄分の過剰摂取は返って、体に悪影響を及ぼす原因になります。鉄分を過剰に摂取してしまうと、胃腸障害が起こる場合があります。そのような症状が起こらないためにも、上限を知っておきましょう。成人男性の場合は約50mg前後、成人女性の場合は40mg前後です。過剰な摂取は胃腸の他にも、脳や血管、すい臓や肝臓といったように、様々な臓器に損傷を与えかねませんので、注意しましょう。

3-2.鉄分が不足した時に現れる症状

鉄分が身体から不足すると、体には様々な症状が現れてきます。その一つとして体の疲れです。酸素を十分に運べなくなるため、休息をとってもしっかりと疲れを取り除く事が出来なくなるのです。ほかにも、鉄欠乏性貧血という症状ですが、これは一般的にみられる貧血の症状です。また、足がつりやすくなったり、爪の中腹が凹んだりする様な様々な症状がみられるようになります。鉄分不足は身体にあらゆる悪影響を与えますので、適度に摂取する事をおすすめします。

→鉄分補給なら、まずは手軽にサプリメントから!鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ