今注目の「ヘム鉄」配合のサプリとは?鉄欠乏症貧血への予防・対策におすすめ。

258c0c7d3150678198cc3d3afcec575b_s

1.ヘム鉄を配合しているおすすめのサプリって?

今注目の「ヘム鉄」を配合しているおすすめのサプリの特徴についてここでは紹介していきます。
ヘム鉄を配合しているサプリには貧血にともなう「だるさ」や疲れといった症状を改善させる効果が期待できるので大変人気があります。そのため、今では様々な会社からヘム鉄を配合しているサプリがたくさん販売されているのでどれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね?

ヘム鉄配合のサプリには色々な特徴や効果的な飲み方もあるので、その点についてまずは詳しくお伝えしていきます。

●ヘム鉄について

ヘム鉄には2種類存在していて、レバーや赤身の肉などに含まれる”動物性”のヘム鉄とほうれん草やひじきに含まれる”植物性”の非ヘム鉄に分類されています。この2種類の中でもお茶などによって体外に排出されにくく体内へ効率よく吸収されるのがヘム鉄です。お茶やコーヒーを常に飲んでいる感じの方は植物性の非ヘム鉄の吸収を阻害していることにもなるので注意してくださいね。ですので、おすすめのサプリは「ヘム鉄を配合」としっかり提示している商品を選ぶ事です。そうすればお茶やコーヒーを日常的に飲んでも体外へ排出されることなくしっかり体内へ吸収してくれて貧血の解消へ導いてくれます。

●ヘム鉄を効率よく体内へ吸収させよう!

ヘム鉄が配合されているサプリを選ぶ時に注意するポイントは「食べ合わせ」です。というのもヘム鉄のみといった格安のサプリを場合だと、それだけでは十分の効果を得られないからです。格安サプリを飲む方は「ビタミンC」と「葉酸」を多く含む果物も一緒に食べると吸収の働きを良くしてくれますよ。

・ビタミンC
アセロラ、レモン、甘柿、キウイ、いちご、オレンジ

・葉酸
みかん、甘柿、キウイ、バナナ、はっさく、オレンジ

中でも甘柿とキウイがビタミンCと葉酸の2つを担っているので優秀な果物ということでおすすめです。
あとお茶やコーヒーに含まれるタンニンやカフェインの成分が鉄分と結びやすく、体内への吸収を妨げるような特徴をもっているので一緒に飲むのはおすすめできません。レバーや赤身のお肉などでヘム鉄を補おうと思っている方にも有効な方法ですのでぜひ参考にしてくださいね。

なお、食べ合わせを考えるのが面倒くさいと感じる場合は栄養素のバランスをしっかり考えられたヘム鉄配合サプリもあるのでそういった方はそちらを検討してください。

●日本の女性は鉄分が不足になりがち?

もともと鉄分は体内で生成できない栄養素なので食事やサプリなどで摂取する方法以外ありません。さらに女性にとって鉄分は不足になりやすい栄養素でもあるんです。鉄分不足になりがちになりやすい女性は主に妊娠や出産による影響の割合が大きくなっています。月経による出血の場合だと1日平均2mg、妊娠中は1日平均3mgの鉄分が失われてしまいます。成人女性が1日に必要とする鉄分の摂取量は10~11mgの数値が推奨とされているのですが、厚生労働省の調査によるとおよそ半分ほどしか摂取できていないというデータが出ています。

鉄分不足が慢性化すると働く気力が落ちてしまい、生活のクオリティーまで下がってしまいます。容姿端麗でやさしい彼氏との運命の出会いも見逃してしまう可能性だって大いにありえます。鉄分不足は人生レベルで大きく影響を及ぼす栄養素といっても決して言い過ぎではない成分なので今すぐ改善の一歩を踏み出してください。

1-1.鉄分のサプリがもたらす驚きの効果とは?まずは貧血改善から。

鉄分は女性にとって特に不足になりがちな栄養素の1つです。

だから女性は貧血や立ちくらみ、不眠といった症状が出やすい体質でもあるんですね。

その快適な生活を妨げる症状を補ってくれる鉄分配合サプリの効果についてここではご紹介します。

●鉄分サプリの効果

鉄分は体の各器官に酸素をめぐらせる主成分の「ヘモグロビン」を生成させる成分として重要な栄養素です。ですが鉄分が不足してしまうと酸素を送るために必要な主成分であるヘモグロビン生成ができなくなるので酸欠状態となってしまいます。この酸欠状態が貧血の症状といわれ息切れやめまい、疲れなどを引き起こしやすくしてしまうんですね。そのため、不足しがちな鉄分をサプリで補うことによってこの酸欠状態を抑制して貧血症状を防ぐ効果が期待できるということになります。さらに鉄分には卵巣にも影響を及ぼしていて、妊娠するために必要な要因となる黄体ホルモンの分泌の維持にも役立ってくれます。

また、鉄分を補うことで得られる効果まだまだたくさんあるんですよ。例えばデトックス効果や免疫機能の維持など生きていく上で重要な役割も担っているということも認識しておく必要があります。

●なぜ女性は鉄分が不足がちになるのか?

冒頭でも女性は鉄分が不足がちになると言いましたがその理由についてお伝えしますね。鉄分不足になりがちな女性にはそもそも男性と比べて鉄分を確保できる貯蔵鉄の量が少ないということが上げられます。さらに月経や妊娠中、出産などによって鉄分を失う要因が多くなります。こういった背景から女性は普段から鉄分の摂取を心がけないといけないんですね。ちなみにケガによる出血なども鉄分を失うことになるので要注意です。

●赤ちゃんと鉄分(血液)の関係性

妊娠中のお腹の中の赤ちゃんにとっても鉄分(血液)は少なからず大きな存在です。お腹の中の赤ちゃんはお母さんの肝臓に蓄えられている鉄分を受け取り成長しているからです。これから生まれてくる将来の赤ちゃんのためにも普段から貧血気味の場合はこれから鉄分の補給の準備に努めていきたいところ。とはいえそれほど危惧する必要はなく、お腹の中の赤ちゃんに影響が出ることはあまりありません。それよりもお母さんのほうに貧血の影響が出る場合は多いです。

●血液を作るために必要な2つの栄養素とは?

血液を作るために必要な栄養素といえば鉄分が代表格ですがそれだけではありません。鉄分以外の栄養素を取り入れることによって貧血の抑制に有効的なのでぜひ取り入れてほしいと思います。その栄養素というのが「ビタミンB12」と「葉酸」です。

ビタミンB12と葉酸は体の器官にめぐらせる大事な赤血球を脊髄で生成するために必要となる栄養素だからです。ビタミンB12はしじみやあさり、牛レバー、海苔、煮干し、かつおぶしなどに含まれています。葉酸はみかんやキウイ、甘柿、はっさくなどで補うことが出来ますよ。また、鉄分のサプリにもビタミンB12と葉酸を一緒に補給できる商品もあるので手軽さを求めるなら有効な手段となります。

2.鉄欠乏性貧血の症状と原因、失敗しない改善方法とは?

鉄欠乏性貧血の症状は働く女性にとっては死活問題なのですぐに改善したいところです。鉄欠乏性貧血とはいわゆる貧血のことですが、その症状や解決策についてここではご紹介していきますね。鉄欠乏性貧血の症状を改善するためにはまずそもそもの原因から紐解いていくのが手っ取り早いです。なので鉄欠乏性貧血の症状を引き起こす原因からまずはご覧ください。

●鉄欠乏性貧血になってしまう原因とは?

鉄欠乏性貧血は赤血球の主原料となる鉄が不足することによって引き起こします。貧血を引き起こす主な原因は以下の3つです。

1、食生活の乱れによる鉄分不足
仕事などで忙しい時に手軽なジャンクフードやインスタント食品などに頼りがちになることが主な要因になっています。

2、月経や妊娠による鉄分の消費
鉄分は出血によっても失われるので毎月の生理や出産も要因のひとつです。さらに妊娠すると鉄分に加えて赤血球の生成に必要な葉酸も同時に消費量が増えるのでさらに貧血になりやすい条件が揃ってしまいます。

3、ケガによる出血
どこかにぶつけて出血させてしまう外的要因と胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの内的要因があります。とくに内的要因は鉄分を失う原因に直結するので早期発見のためにも定期的に診断をすることが必要です。

いかがでしたでしょうか?
鉄欠乏性貧血で特に気をつけたいのが妊娠中の期間です。貧血の症状とつわりが重なるとかなりツライと聞きますので事前に予防しておきたいところです。

続いては鉄欠乏性貧血の主な症状についてお伝えします。

●鉄欠乏性貧血の症状

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛
  • 爪割れ
  • 抜け毛
  • 口内炎
  • 口角炎
  • 肌荒れ

など様々な症状に悩まされます。

次は鉄欠乏性貧血の改善策について紹介していきます。

●鉄欠乏性貧血の改善方法について

鉄欠乏性貧血といっても内的要因による胃潰瘍や十二指腸潰瘍などが原因の時もあるのでその場合は病院で治療することになります。それ以外は食生活を見直し栄養面に気をつけることで改善へと向かっていきます。ポイントとしては5大栄養素のたんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂ることです。バランスよく摂ると聞くと予定調和的な感じがしてスルーしがちですが鉄分の吸収率を高める大切な要素なので無視をしないでください。それに加えてレバーや魚介類、緑黄色野菜などの鉄分を多く含む食材を食べ続けることによって次第に貧血から縁のない体が作り上げられます。

●鉄剤と鉄分サプリはどっちが良いのか?

鉄剤と鉄分サプリはどちらが貧血に有効なのでしょうか?鉄剤は病院で血液検査の結果によって貧血と診断されるとお医者さんの判断によって処方させる薬です。薬ということもあるので即効性には期待が持てますよ。

ですが胃腸に自信がない人が飲むと下痢や便秘の症状が出ることがあります。下痢がひどいと鉄剤の効果が減ってしまうのでその時は注射が有効です。薬ということなので懸念される方が多いかもしれませんが妊娠中の貧血は鉄分の働きが悪いと胎児にも影響を及ぼす可能性が出てきます。そのため、早期対応が必要とお医者さんが判断した場合はちゃんと従ったほうが良い場合が多いです。

一方で鉄分サプリは食材の補助的役割なので副作用などで悩まされる心配はそれほど気にしなくて大丈夫です。
ですが、中には品質が粗悪な鉄分サプリも存在するので判断基準として有効なのが厚生労働省から認定されているかどうかです。なお、鉄分サプリに関してはこちらの記事でもお伝えしているのでご参考になさってください。さて、体に大切な栄養素の場合は厚生労働省が摂取するように呼びかけることがあるのでそれを補助する優秀なサプリには国から認定されることがあります。国から認定されているということで安心感も得られるのでこういったサプリは積極的に取り入れることをおすすめします。

鉄欠乏性貧血の改善策については以上となりますがいかがでしたか?
貧血についてはある程度メカニズムが解明されているのでしっかり対策をすればちゃんと効果は現れますよ。食事療法やサプリ、鉄剤のいずれかを取り入れるにしても治った後も引き続き対策しなくてはいずれまた鉄欠乏性貧血に悩まされることになるでしょう。特に毎日がんばって働いている女性にとって貧血の症状は生活のクオリティーを大きく下げてしまいます。ですので、今回の記事をぜひ参考にしていただいてあなたの大切な体のケアに役立ててください。

【参考】→ 鉄分補給サプリメントならこちら

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ