不妊に悩む女性の多くが「鉄欠乏症」による悪影響が!?

8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

  • 結婚して数年たったのに子供を授かることが出来ない

近年、こういった悩みを抱えている方は増えてきています。

かといって不妊治療に踏み切ったとしてもスムーズに妊娠出来るとは限らず、その治療を続けること自体が大きなストレスになってしまう場合も多々あります。こういった問題は非常にデリケートなものでもあり、出来ることなら順調に妊娠・出産したいと思いますよね?

『自分は大丈夫だろう』と軽視することなく、いま一度妊娠について、不妊の原因について、それぞれを考えてみても大切です。

そこで今回はそんな不妊と不妊への影響を持つとされる「鉄分」についてお伝えしていきます。

【PR】

『妊娠したい。』そんなときに必要な栄養を摂取するなら?

 

 

1.不妊と「鉄欠乏症」の関係について

不妊の原因は様々ですが、実は不妊治療を受けている女性のほとんどが慢性的に鉄分が不足している「鉄欠乏症」であることが分かっています。あるクリニックでは、実に患者さんの約9割がこの鉄欠乏症であるという統計もあるのだとか、これは驚きですね。

では、鉄分不足と不妊にはいったいどのような関係性が見られるのでしょうか?

 

・鉄分不足は卵細胞に影響を

鉄は、妊娠する為に必須とされるミネラルであり、卵細胞を成長させる為に必要なエネルギーを作り出すとされています。つまり、鉄分が不足していると健全な卵細胞が育たないというわけなのです。その他にも鉄分が不足することによって引き起こされる不調は様々あり、そうした意味でも「鉄」は体にとって無くてはならないものだと言えます。特に若いころは、成長期の大事な時期に体を粗末にしてしまいがち。過度なダイエットやスナック菓子、インスタント食品の摂りすぎ、体を冷やすような服装など、健康について真面目に考えるということがないかもしれません。ですが、将来的に長い目で見ても自分自身の体を労わることは非常に重要なことであり、あとで後悔しても取り返しがつかないことも多いのです。

 

鉄分不足がイコール不妊の最大の原因なのだとは言い切れませんが、その関連性はかなり濃いものがあるということが言えるでしょう。早いうちから貧血対策として食生活や普段の過ごし方を見直してみるということも大事な事になってきます。

 

2.不妊症対策として重要な栄養分は?

shokuhin

  • 不妊症と診断され長期に渡って治療を受けている。

女性にとっては、病院での治療やその経過は思った以上に心と体に負担をかけてしまうもの。特に精神的に追い詰められてしまうことはさらに妊娠の確立を下げてしまうことにもなりかねません。

出来るだけ自分自身の力で自然に赤ちゃんを授かりたいと願うものかと思います。よって、日ごろから自分に出来る範囲での妊活としての努力を続けていくことも大切になります。そこで、ここでは普段の「食事」の面から不妊症対策をお伝えしていきます。

 

必要な栄養素

妊娠を望む方、また、妊娠された方が特に摂取するといいとされている栄養素を挙げてみましょう。

ビタミンE

まずは、「ビタミンE」です。これは生殖機能を正常にするとされています。ナッツ類や緑黄野菜に含まれます。

ビタミンB1

次に「ビタミンB1」は、ストレス軽減に対して重要な働きをしてくれるとされています。主に玄米やそば、肉類、大豆などからの摂取が多いです。

ビタミンC

また、「ビタミンC」も大切で、免疫力をアップしてくれます。レモン、芽キャベツ、ブロッコリーなどを摂取しましょう。

亜鉛

「亜鉛」は卵巣機能を正常化させ、女性ホルモンを助けるという重要な役割を果たしてくれますので、レバーや胡麻、卵などを意識的に摂るようにしていきたいところ。

鉄分

「鉄分」は妊娠の為に必須だとも言われ、血液を作り、体温維持の為に働いてくれます。アーモンド、納豆、レバーなどに多く含まれています。

カルシウム・イソフラボン

「カルシウム」「イソフラボン」はホルモンバランスを整えてくれますので、乳製品や大豆製品も大切です。

葉酸

また、妊婦さんに必要だとよく言われているのが「葉酸」です。葉酸は貧血の改善に効果があり、また、胎児の発育促進にも役立ちます。レバーやモロヘイヤ、アスパラガスなどから摂取できます。

 

日々バランスよく摂取していくために

こうした様々な栄養素を日々バランスよく取り入れることはなかなか難しいこともあるでしょう。そのため、不足しがちな栄養分は専用のサプリメントで補うなどが上手な栄養摂取としておすすめです。適切な治療と並行して、こうした普段の食事からの栄養面でも改善も組み合わせていくことで、妊活への相乗効果を目指していくのがおすすめですよ。

 

まとめ

以上、不妊と鉄分にまつわる影響についてお伝えしてきました。

どうしても不安に感じてしまうことが多い妊活、おそらく妊娠しただけでなく、実際に赤ちゃんが生まれるまで心配と不安な気持ちに駆り立てられることも多いかと思います。

だからこそ、自分ができることは最大限取り組んでみてください。そして、その最大限の頑張りを継続していくためにも、積極的に周りのパートナーに頼っていき、一緒になって妊活をすすめていってみて下さいね。

【参考】

妊活中の栄養サポートなら専門の葉酸サプリメント『ベルタ葉酸サプリ』 詳細はこちら

高齢赤ちゃん
 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ