鉄欠乏性貧血の対策に効果的な3つの実践テクニックとは?

1.鉄欠乏性貧血の対策について

鉄欠乏性貧血に悩まされるあなたを含む
多くの女性のためにここでは効果的な
対策についてお伝えしていきます。

鉄が不足してしまうと貧血となってその
ほとんどの方が鉄欠乏性貧血と言われる
症状及び病気と診断されます。

それだけ多くの方が掛かっている病気という
ことが言えるんですね。

その鉄欠乏性貧血の対策の前に鉄が私たちの
体にどのように働きかけるのかを少し説明して
おきます。

1-1.鉄の働きとは?

鉄は人間の体全体に酸素を運ぶとともに
細胞の活性化を図る役割も持っています。

鉄は血液の赤血球の中にある「ヘモグロビン」
という形で存在していて全身の組織に酸素を
供給する重要な役目を果たしているんです。

さらに、鉄はヘモグロビンの役割だけでなく
体の細胞内にも含まれていて細胞ミネラルとも
呼ばれています。

細胞が十分に活性化されていると、細胞は
血液から鉄を取り組んで鉄の吸収が良くなり
全身の健康が保たれます。

1-2.鉄不足による疲れのメカニズム

疲れといっても個人差がありますが、
鉄不足による疲れの多くの要因は酸素が
不足することで血中の乳酸が増えるために
引き起こされる考えられています。

乳酸は運動をすると増えると言われていて、
何も運動をしていないのに疲れが出るその理由
がこの疲れのメカニズムによるものだったんですね。

1-3.鉄欠乏性貧血の対策

対策の前にそもそも自分で「鉄欠乏性貧血」と
判断できるものではなく診断されるものです。

疲れやすい、だるいといった症状が主な
鉄欠乏性貧血かどうかをハッキリさせたい
という場合は内科などで血液検査をしてくださいね。

それでは、さっそく鉄欠乏性貧血の対策に
ついてですが不足してしまった鉄を以下の3つの
方法で補給してください。

1-3-1.食事で鉄を補給する。
食事で鉄を補給するためには効率を求めます。

なぜなら鉄は熱によって失われるし体内への
吸収率が約8%と極小だからです。

なので体内への吸収率が高い動物性のヘム鉄を
含んだ下記の食品を選ぶと良いですよ。

  • 鶏、牛、豚のレバー
  • 赤身にお肉
  • カツオやキハダマグロなどの生魚

あと、吸収率は低いですが植物性の非ヘム鉄も
一緒に摂るとより多く鉄を補給することができます。

  • ほうれん草、小松菜、菜の花などの緑黄色野菜
  • 納豆
  • ひじき

動物性のたんぱく質と鉄とは相性が良く
吸収率を高めてくれるという利点もあります。

さらに、ビタミンCは鉄の吸収を助ける作用が
あるのでレモン、キウイ、アセロラなどの果物と
一緒に摂るとより効率的に鉄を摂ることができますよ。

1-3-2.鉄分サプリを活用する。

鉄分サプリは現在たくさん出ているので
選ぶのに苦労すますが、以下のポイントを
押さえておけば問題ありません。

・ヘム鉄を採用している。
体内への吸収率が良く摂り過ぎによる
体調の変化も抑制してくれます。

・ビタミンC、ビタミンB6、B12が含まれている。
体内への吸収率を高めるビタミンCと
造血のビタミンと言われるビタミンB6、
B12が含まれていると鉄欠乏性貧血対策には
より効果的です。

・自然食品を使っている。
いくら栄養素が満たされているからといって
品質が悪ければあまり効果的に働きかけてくれません。

1-3-3.病院で鉄剤を処方してもらう。

病院で鉄欠乏性貧血と診断されて時に
鉄剤を処方されることがあります。

副作用として嘔吐や下痢などが見られるかも
しれませんが鉄欠乏性貧血対策としてはもっとも
効率が良いです。

また、副作用が嫌な場合は注射による
補給方法もあります。

2.最後に

鉄は体内へ取り込んでも常に排出される
という特徴があるので普段の食事だけでは
多くの月日を要することになります。

なので、普段の食事と併用して鉄分サプリを
活用するか貧血の症状が酷い場合は病院で
鉄剤をもらうという手段を選ぶというのが
一番手っ取り早いです。

毎日体調が悪いとハッキリ言って生きてるのが
ツライだけなので今回の記事を参考にしていただき
1日も早く鉄欠乏性貧血を解消してくださいね。

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ