【必見】鉄欠乏性貧血の症状を対策・改善する方法とは?食事やサプリをはじめ、子宮筋腫へのケアまでお伝え。

6f5a08dab73371569da2c6de8885a884_s

1.鉄欠乏性貧血について

女性の多くに見られると言われている「鉄欠乏性貧血」。実に女性の4人にひとりが鉄分不足だとされています。たかが鉄分不足、貧血くらいで大げさな・・・と軽く考えてはいけません。その症状を放っておくことで起こる様々な身体的、精神的トラブルはどんどん深刻化してしまいますし、最悪の場合は「鬱病」にまで発展してしまう可能性もあるのです。また、貧血がもたらす弊害は様々なものがあり、日常生活にも支障を来しかねません。ですから、早期に治療を開始することが望ましいとされているのです。

1-1.鉄欠乏症性貧血の症状

さて、それでは、具体的に「鉄欠乏性貧血」に見られる主な症状とはどんなものがあるでしょうか?まず、貧血の代表的な症状と言えば、「ふらふらする」、「めまい」、「立ちくらみ」、「動悸や息切れ」などが挙げられるでしょう。中学生のころ、貧血でよく倒れていた子が身近にいたりしませんでしたか?特に成長期の頃にはこうした症状が出やすいといわれています。

また、その他にも、「夜なかなか眠れない」、「夜中に何度も目が覚める」といった「睡眠障害」も貧血が原因とされることのひとつです。また、「なんだかイライラする」、「落ち込みやすい」、「やる気が出ない」、「集中力が続かない」など、一見すると貧血とはあまり関係ないように思われる症状も貧血のせいで起きている場合があるのです。こうしたことを知らないでいると、なんだか原因が分からないけれどいろんな面で不調だ、様子がおかしい、といったことで悩まなければなりません。こういった症状があるのだということを知識として頭に入れておくとよいでしょう。

1-2.鉄欠乏症性貧血になる原因

では、どうして貧血になるとこうした不調が起きるのでしょうか?

その原因は、鉄分が不足することによって体の隅々までしっかり酸素が運ばれなくなり、いわゆる「体中が酸欠状態」になってしまっているからです。酸素が体に行きわたらないことで疲れやすくなったりスタミナが持続しなくますし、脳への酸素の供給が不足することでやる気がでなくなったり落ち込みやすくなったりするのです。

こうした症状が自分に当てはまるな、と思ったら、早めに最寄りの病院を受診し、相談、診察を受けることをおすすめします。どんなことでも、「早期発見、早期治療」が重要になってきます。

2.鉄欠乏性貧血と子宮筋腫の関連性とは?

あなたは定期検診をきちんと受けていますか?乳がん、子宮頸がんなど、女性にとってこうしたことの早期発見、早期治療は非常に重要であり、近年こうした意識付けが全国的にも高まっているように思います。こうした検診をきちんと受けることも大切ですが、それと同じように、それぞれの病気にはどういった症状が見られるのか、という知識を持つということも非常に重要なことだと言えるでしょう。ひとりひとりが意識的にこうした情報を得ることは、様々な病気の早期発見に繋がるのではないでしょうか。

さて、女性の多くが悩まされている病気のひとつに上述した「鉄欠乏性貧血」がありますが、実はこの「鉄欠乏性貧血」と「子宮筋腫」には密接な関わりがあるということをご存じだという方は少ないのではないでしょうか?貧血になる原因は様々ありますが、そのひとつとして「子宮筋腫」も挙げられるのです。

2-1.子宮筋腫への対策方法

子宮筋腫とは、成人女性の約30パーセントが持っているとされる良性の腫瘍のことをいいます。異常なほどの生理痛はこの筋腫が原因だというケースも少なくなく、他にも、月経血過多、それに伴う貧血、腰痛、便秘も子宮筋腫があることで起こっている場合があるのです。
では、どうして子宮に筋腫を抱えていると生理の出血が増えるのでしょうか。それは、腫瘍のせいで月経時に剥がれ落ちる子宮内膜の面積が増えてしまい、その結果として生理の出血が増えてしまうからなのです。生理中はどうしてもその出血のせいで貧血になりやすく、出血の量が多ければ多いほど貧血症状も深刻なものになってしまうでしょう。

ですが、貧血の原因を特定するのは難しく、きちんと専門家に判断してもらわなければなりませんので、こうした貧血症状があり、なおかつ生理中の腰痛や腹痛、出血量に異常を感じた場合は最寄りの婦人科を受診することをおススメします。子宮筋腫はすぐに命に関わるといったものではありませんが、妊娠や出産に大きな影響を及ぼしますので、早期治療が必要だと言えるでしょう。

3.鉄欠乏性貧血の対策について

鉄欠乏性貧血を改善するための対策とは、具体的にどんなものが挙げられるかご存知でしょうか?貧血は何もしないで自然と良くなるわけではありません。自分自身の生活リズムを整えたり食生活を見直したり、必要な対処をすることでゆるやかに改善していくのです。ですから、もしもご自分が「鉄欠乏性貧血ですよ」と診断されたり、そうした症状が見られる場合はきちんとした対処をしていかなければなりません。どういったことに気をつけるべきなのか、何を改善したらいいのかを理解し、正しく実践していきましょう。

3-1.無理なダイエットや食事制限はNG

まず、生活リズムの改善という面から言うならば、無理なダイエットや食事制限はいけません。見た目を気にして極端に食事量を減らしたり、サラダばかりを食べていては健康を損ねてしまうのは当たり前ですよね。三食きちんとご飯をたべましょう。また、インスタント食品やスナック菓子の食べ過ぎも鉄分不足を招く原因になりますから、注意が必要です。毎日できるだけ同じような時間に食事を摂り、十分な睡眠と入浴を欠かさないようにしましょう。ゆっくり湯船に浸かる事で自律神経が安定し、貧血によるイライラなどを改善してくれますよ。シャワーだけでさっと終わりにするのではなく、きちんとお風呂に入ることをおススメします。

3-2.鉄分を含んだ食材と吸収率を高めるコツ

また、食事内容の面から言うならば、やはり鉄分が豊富に含まれた肉類、魚介類をたくさん摂るように心がけておきましょう。やはりダントツはレバーですが、レバーが苦手という方にはレバーペーストもいいでしょう。また、肉はロースや霜降りよりも赤身、魚なら白身よりも赤身のマグロや青魚のイワシに鉄分が豊富に含まれています。また、鉄分はそれだけでは体に吸収されにくいという性質を持っていますので、ほかの栄養素と組み合わせることでその吸収率を高めてくれます。中でもビタミン類との相性がいいですので、頭に入れておくと良いでしょう。

とはいいましても、やはり食事や生活改善だけではなかなか追いつかない部分もありますので、サポートとしてサプリメントを取り入れるのもおススメです。ドラッグストアへ行った際は注意して見てみるのがよいでしょう。

4.鉄欠乏性貧血を改善するための食事内容

さて、お伝えしてきている「鉄欠欠乏性貧血」、女性や働き盛りの男性に多く見られるとされています。たかが貧血くらいで大げさな・・と思われがちですが、貧血は放っておくとどんどん深刻化してしまい、日常生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。職場や学校で貧血の症状が出てしまうといろいろ不都合も起きてしまいますし、軽度のうちに改善しておきたいですよね?ここでは、貧血を改善するために必要な食事内容について詳しく述べて行きたいと思います。

4-1.具体的な食事内容と摂取上の注意点

さて、具体的に、鉄分は一日どのくらい必要かご存知でしょうか?成人女性を例に挙げていいますと、一日に必要な鉄分量は約12ミリグラムだとされています。ですが、特に鉄分やその他の栄養を意識せずに食事を摂った場合は、その内の、“7~8ミリグラム程しか鉄分を補えていない”のです。ですから、どんな食材に鉄分が多く含まれているのかを知り、それらを意識的に食事に取り入れていく必要があるのです。

例えば、肉類では豚レバーに鉄分がたくさん含まれています。次いで鶏レバー、レバーペーストなど。ビーフジャーキーも良いようですよ。おやつ代わりにビーフジャーキーを食べるというのも友好的な取り組みになると思われます。また、魚介類なら赤身のマグロや青魚のイワシ、ひじきやアサリ、煮干などが挙げられます。野菜ならほうれん草などの緑黄野菜や切り干し大根、以外なところでは唐辛子なども!

ですが、鉄分はそのままでは吸収されにくいという性質をもっておりますし、タンニンを含むコーヒーや紅茶はさらに鉄分の吸収を遅らせてしまいますので、組み合わせには注意が必要です。逆にビタミン類は鉄分の吸収を5倍も早くさせてくれますので、こういったことも頭に入れておくことで鉄分を効率よく体に運ぶことが出来るでしょう。

人間が生命を維持していく上で基盤となるのが食事です。この部分を疎かにしては、どんなによいサプリメントを取り入れても根本的な部分での解決にならないのではないでしょう。そのため、定期的にご自分の食生活を見直してみることも大切となってきます。

5.鉄欠乏性貧血を改善するためのサプリメント

鉄欠乏性貧血を改善するために、“毎日の食事内容を見直すだけでは不十分”である場合も多いと思います。特に社会人は周りとのお付き合いもありますし、飲み会や外食の機会も多く、毎日毎日栄養のバランスの取れた食事を続けることが難しいこともあるでしょう。とはいえ、それを理由に健康管理をないがしろにしていたらいつまでたっても鉄欠乏性貧血の改善は見込めませんん。ではそんなときはどのようにすればよいのか?おすすめなのが専用の「サプリメント」を活用することです。

5-1.忙しい人の味方「サプリメント」

市販のサプリメントには実に様々な種類があり、ドラッグストアやコンビニなどでも簡単に手に入ります。また、サプリメントのメリットとして、副作用の心配がないということも大きな利点ではないでしょうか。やはり体へどんな影響があるのかという点は気になるところですよね。体質もそれぞれ違いますし、影響を受けやすいという人には安心して飲み続けることが出来るサプリメントは心強い味方になってくれるのではないでしょうか。

5-2.鉄分サプリメントの選び方

とは言いましても、膨大な種類のサプリメントの中からどれを選んだらいいのかわからないという場合も少なくありません。どんな成分が含まれているのか、そしてそれらの特徴とはどんなものなのかというところはしっかり押さえておきましょう。

特に鉄分補助サプリメントを選ぶ際は、鉄分の性質を知っておくことも重要なポイント。鉄分は「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」とに分かれるということをご存知でしょうか?「非ヘム鉄」は吸収率が低い鉄分に分類され、プルーンやほうれん草などに多く含まれています。対して「ヘム鉄」は赤身の魚肉類に豊富に含まれており、鉄の中でも吸収率がよいとされています。こうしたことも理解しておくと、鉄分補助サプリメントを選ぶ際に役立ちます。

また、ほかにもビタミン、葉酸などのサプリメントを併せて取り入れることで鉄分の体への吸収は良くなりますし、相乗効果も期待できます。
日々の食事プラスαでサプリメントを上手に取り入れることは、特に現代の忙しい方たちにはかなり有効だと考えられます。その日によって飲む量を調整できたりするところもサプリメントの良いところです。

日々の生活を振り返ってみて、積極的に食事から鉄分を補給できているのであればそれでよいかと思います、ですがそれが難しいと思われるのでしたら、積極的に鉄分サプリメントを活用して「鉄欠乏性貧血」に対応していくようにしましょう。

⇒ 鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら



コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ