鉄分不足が引き起こす冷え症はサプリや食品で上手に解消しましょう。

086154

1.鉄分不足と冷え症の関係性とは?

鉄分不足と冷え症。関係無さそうと思う方もいますが、鉄分不足が原因で冷え症になる方は大勢いらっしゃいます。半身浴や体を温める効果のある生姜湯や生姜を使った料理で冷え症の対策を行っていても、根本的な原因を解消してあげないと、冷え症の改善とは言いません。そこで、根本的な原因である鉄分不足と冷え症の関係性を紹介します。

1-1.鉄分不足と冷え症の関係性

血液を作る為に重要な役割を持つのが鉄です。なので、鉄分不足になると倦怠感・疲れやすさ・めまい・立ちくらみ・動悸・息切れなどの症状が出るだけでなく、冷え症になりやすい体にもなってしまいます。鉄分不足になると、赤血球の中に含まれるヘモグロビンの数が減少します。なので、正常値よりも少なくなるのは分かりますよね。ヘモグロビンの減少は赤血球数の減少にも繋がります。この赤血球は酸素や栄養を体の隅々から脳まで届ける役目があるのですが、赤血球数が減少すると十分な量の酸素や栄養素を脳から体の隅々にまで届けることが出来なくなります。その為、体は酸欠状態となり倦怠感やめまいなどといった鉄分不足の症状が出るのですが、酸素を届ける際に体は熱を発生させています。なので、鉄分不足になり届ける酸素の量が減ると熱が十分に発生できなくなるので冷え症になってしまいます。私は大丈夫なんて思うのは待って下さい。現代の日本人女性は鉄分不足傾向にあります。なので、何時冷え症になっても可笑しくはないんですよ。そして、手足がよく冷える方は酸素が体の隅々にまで行き渡っていないので、血液を増やして血行を良くする事が体を温める秘訣になります。

1-2.鉄分不足になる原因

偏った食生活・外食が多い方・小食な方・生理が重い方も鉄分不足になりやすいです。そして女性の永遠のテーマであるダイエットによって鉄分不足になる方もいます。痩せたい気持ちも痛いほど分かりますが、無理なダイエットや過度な食事制限は鉄分不足を招きます。鉄分不足は冷え症だけでなく貧血も引き起こしてしまいますよ。ダイエットも様々な方法がありますが、健康的に痩せなければ見た目もやつれた感じになったり、体への負担も大きくなります。なので、美しいボディを目指すのであれば正しい方法でダイエットを行って下さいね。栄養をきちんと摂取しないのは体に毒です。この様に鉄分不足と冷え性は切っても切れない仲にあります。今まで冷え症の対策を行っても改善されなかった方は鉄分不足を疑ってみるのも1つの手です。そして、体内の鉄分量を知りたい場合にはフェリチン検査を行ってください。冷え症の原因が鉄分不足では無かった場合は他の対策が必要となりますので、まずは鉄分が不足しているかを調べましょう。鉄分不足からくる冷え症の場合、鉄分不足を解消してあげると冷え症も改善されます。なので、鉄分不足の原因になる事は避け、栄養バランスの良い食事を心がけながら鉄分を摂取するようにして下さい!ダイエットをするのであれば過度な食事制限や無理はしないことですよ。

2.下半身冷え症は腰の凝りが原因で起こる?

下半身冷え症とは上半身が多血状態で暑いが、下半身は貧血状態なので冷たく感じる事です。
なんとなく冷え症と言えば冬のイメージがありますよね。ですが、夏の暑い時期にも冷えで悩んでいる女性は多いです。上半身は暑いのに足は冷たいなんて感じている方は下半身冷え症かもしれませんよ?夏でもハイソックスやジーンズなど足を冷やさないアイテムが欠かせない方や夏でも電気毛布が必要な方は夏の冷え症に要注意です。

2-1.下半身冷え症の原因

上半身は多血状態なのに下半身が貧血状態に何故なるのか?それは「腰の凝り」にありました。肩こりはよく耳にしますが、腰の凝りってピンとこないですよね。ですが、お尻の奥の方にある「梨状筋」は下半身冷え症に深い関わりを持つ、重要な筋肉なんですよ。なので、下半身冷え症の方の腰を押えてみますね。そうすると梨状筋付近に強い痛みを感じる方が多いんです。日常生活の中で腰に負担がかかる事は多くあります。ですが、腰への負担は梨状筋(お尻の筋肉)を硬くしてしまいます。その梨状筋の間には坐骨神経が通っていますが、筋肉が硬くなると神経も圧迫されます。すると血管の太さを調整する交感神経が刺激されるので、足の血管が細くなってしまいます。血管が細くなると十分な量の血液を足先まで送る事が出来なくなります。その結果、下半身は貧血状態に陥り冷えるけども上半身には血液が多く集まるので温かく感じてしまいます。そしてこの下半身冷え症は老化現象の1つと言っても過言ではないです。若い頃はコリなんか気にした事なかったって方も、40代頃からコリのほぐれが悪くなったと感じることが増えてきたなんて方は注意して下さいね。下半身冷え症は40代から急激に増えています。

2-2.ストレッチで下半身冷え症を改善

  1. 椅子に腰掛けて下さい
  2. 右足の上に左足を乗せます(足を組むのでは無くあぐらをかくイメージで)
  3. くるぶしの辺りを右手で押さえます
  4. 上げた方の足の膝を肘でグッと押さえて5秒間キープします

このストレッチを1日に1.2回程度で良いので毎日続けて下さい。ストレッチをしながら梨状筋のセルフチェックも行えるので一石二鳥ですよ。このストレッチ中にお尻の筋肉が痛んだり、突っ張っている場合は梨状筋が凝っているので覚えておいて下さい。この下半身冷え症の改善ストレッチは時間もお金もかからない、とても簡単な方法です。椅子が無くても出来るので下半身冷え症で悩んでいる方は是非お試し下さい。お勧めです。

下半身冷え症と改善する為のストレッチを紹介しましたが、梨状筋が凝らなければ下半身冷え症に悩むことも無いですよね。そこで、まだ下半身冷え症になっていない方は予防法として、このストレッチを毎日行うのも良いと思いますよ。なってから改善するには少し時間がかかりますが、なる前に予防すると時間もかからないですし、なんと言っても下半身冷え症に悩まされずに済むのは心(ストレス)と体への負担も減らせるので魅力的ですよ。

3.足の冷え症の原因と対策

私達人は変温動物ではないので、体温の変化はあまり起きません。気温の変化で体温が変わるのではなく、自律神経の働きにより体温を一定に保とうとします。冬場になると寒さを肌で感じるようになりますが、この時意識して体を温めるよりも先に身体が体内に熱をため込もうとします。そうすると血管が収縮し血液の流れを悪くするので、血液が末端まで行きにくくなります。なので、冬場に手足の冷えを感じるのは自然の流れと言えます。足は心臓から遠い場所にあるので、自律神経による体温調整がうまく行えていない可能性もあります。セルフマッサージやカイロなどの温かい物で対策を行える手と違い、足は温めづらい場所なので足の冷え症は対策が取りづらいです。なので、原因を知りきちんと対策を行うことが大切になってきます。

3-1.足の冷え症の原因

・自律神経の乱れ
冬場だけでなく夏場にも冷えを感じてしまう方は、自律神経の乱れによって足の冷え症を引き起こしている可能性が高いですね。ストレスの軽減やバランスの良い食事、良質な睡眠を心がけましょう。

・血行不良(全身)
普段から低血圧だったり貧血気味の方は注意して下さい。血行が悪くなりやすい体質の方は冷え症も引き起こしやすいですよ。

・足の環境にも注意
足の冷え症の多くの方はきつめの靴やヒールを履いています。締め付けることによって血液の流れを更に悪化させてしまう可能性もあります。

3-2.足の冷え症の対策

・体を締め付けない
女性はブラやショーツで体を締め付けてしまいがちです。血液は全身を流れていますので、足へ流れていく血液の妨げにならないように、下着などは締め付け感の少ないモノを選びましょう。

・意識して足を温める
デスクワークの方は長時間同じ姿勢でいる事が多く血行が悪くなりやすいので、足を温めるグッズを使って常に足を温めるようにしましょう。そして、1日1回の足湯。10分程度でも足の冷え症には抜群の効果を発揮します。

・食事で血行促進
ナッツ類に多く含まれるビタミンEや唐辛子などの香辛料を含む辛い食べ物を食事に取り入れて血行を促進させましょう。辛い食べ物を食べ過ぎるのは良くないので時々で大丈夫ですよ。

・飲み物は体を温めるモノを
ほうじ茶や紅茶は体を温めてくれるので、普段から飲むようにしましょう。紅茶に生姜を入れると効果も上がるのでお勧めですよ。

・全身マッサージ
足の冷え症は血行不良により起こるので、血行不良を解消する為にも時々全身マッサージを受けるようにしましょう。血行不良を解消すると冷え症対策を取り組む際の効果を高めてくれるんですよ。全身マッサージを行うと血行だけでなく体もスッキリするので、自分へのご褒美だと思って時々全身マッサージの力も借りましょう。

足の冷え症にはこれらの対策が効果的なので私はお勧めします。足の冷え性で悩んでる方はいち早く対策に取り組んでください。そして今まで悩まされてきた足の冷え症から開放されましょう!

4.冷え性の改善で女性の悩みを解消

夏場でも冷え症に悩まされている女性にとって、冬場は更に辛い症状に悩まされますよね。この様に冷え症に悩まされている女性は半数以上と言われています。ですが皆さんは、体温が1度下がるだけでどのような影響を受けるかご存知ですか?実は代謝が約10%~20%そして免疫力が約30%も低下するんですよ。そして冷えは万病の元とも言われています。改善せずに放置していると、後に症状の悪化や様々な病気を引き起こしてしまう可能性だってあります。

それではさっそく女性の悩みである冷え性を改善する方法を紹介しますね。

4-1.朝の1杯は「白湯」から

自分の体温よりも少し熱めの白湯を朝起きたら飲むという習慣をつけましょう。寝ている間に体内の水分は失われていきます。なので朝は体内の水分が最も少ない状態の為、白湯が吸収されやすいです。そして、朝は1日の中で最も体温が低いので白湯により身体が温まりやすくなります。その他にも白湯を飲むことで、胃腸が温まり腸管が活発に働き出します。その働きにより代謝がUPし熱が作られるようになるので冷えにくい体質へ変化していくとも言われています。

カフェでコーヒーや紅茶を飲むのが好きな女性は多いですよね。ですが、コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれています。このカフェインは交感神経を刺激するので、血管を収縮させ血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなるのは体を冷やす原因にもなるので、コーヒーや紅茶をよく飲まれる方は注意して下さいね。

4-2.指先のマッサージ

  1. 右手の親指と人差し指の腹を合わせます
  2. 左手の親指と人差し指を使い、右手の人差し指の爪を両側から軽く押します
  3. 左手の指の力を抜き、次に右手の親指と人差し指の力をいれます

2と3の工程を交互に繰り返しながら10本ある全ての指で行って下さい。この指先マッサージは「ほおずき揉み」と言うそうで、時間と場所を問わず何時でも何処でも出来るマッサージの方法なので、好きな時に好きなだけマッサージして下さい。もちろんテレビを見ながらお風呂に入りながらなど、ながらでも大丈夫ですよ。時間を有効活用しましょう。

動脈と静脈の切り替わるポイントは体の末端にある指先にあります。なので指先の血行を良くすると、全身の血行が改善されるので肩こりの軽減や疲れやだるさが取れやすくなります。そして体温もあがるので、この指先マッサージにはメリットしかありません。

この2つの冷え性を改善する方法を習慣づけていきましょう。もちろんバランスの良い食生活や生活習慣にも気をつけなければいけません。冷え性だけでなく症状を改善する場合には、まず出来ることから始めていきましょう。無理をしても続かなければ意味が無いので自分に合った改善方法を長く続けていくことがベストです。貴方の健康の為にも冷え性を身体の内側から改善していき、そしてもう冷たい女なんて周りに言わせない為にも「HOTな女性」を目指して行きましょう!

5.冷え性の改善を食品から考えるなら温まるものを

身体の内側から温めることにより冷え性を改善できます。外側から身体を温めるのも、もちろん必要ですが身体の内側から温めて、根本的な部分から改善してあげないと冷え性を改善することは難しいです。そこで、ポイントになってくるのが食事をする際の食品選びです。食品には身体を冷やす食品・身体を温める食品・中間の食品の3タイプあります。ここでは冷え性の改善に効果的な身体を温める食品を紹介しますね。

5-1.冷え性改善の“5つ”の食品とは?

ちなみに身体を温める食品の基準ってご存知ですか?実は5つもあるんですよ。

  1. 寒い時期に取れる食品(小松菜・あずき・くるみ・ミカン・鰤・鱈など)
  2. 寒い地方で取れる食品(玉葱・リンゴ・さくらんぼ・葡萄など)
  3. 比較的味の濃い食品(にんにく・ニラ・生姜・海老・味噌・醤油)そして塩分の高い(漬物・佃煮・塩辛・梅干)
  4. 色の濃い食品(カボチャ・黒ゴマ・そば・あずき・黒豆・玄米・黒砂糖・羊肉など)
  5. 地中に向かって伸びる食品(山芋・ゴボウ・にんじん・蓮根など)

これらの食品が基準を満たした身体を温める食品になります。これらの食品を積極的に食事に取り入れていきましょう。ですが、冷え症に良いからと言ってこれらの食品ばかり摂取し栄養バランスが偏るのは避けて下さいね。栄養バランスの良い食事が身体にとっては1番良いです。

そして味噌汁やうどんなど温かい物を食べる際には「エキストラバージンオリーブオイル」を一緒に摂取して下さい。エキストラバージンオリーブオイルには温め効果を倍増させてくれます。油膜が広がりやすい性質を持つエキストラバージンオリーブオイルは、他の油の油膜の広がりと比べると約3倍になると言われています。なので、温かい食べ物と一緒に摂取するとエキストラバージンオリーブオイルが胃の中で蓋の役目をしてくれます。なので、一緒に摂取した食品の温度を冷めにくくし身体の中から温まる時間を更に長くしてくれるみたいです。ですが、摂取し過ぎると太る原因にもなるので1日の摂取量は大匙1杯半を心がけるようにして下さい。

ちなみに羊肉・豚肉・鶏肉・貝類・赤身の魚・チーズ・ソーセージなども身体を温めてくれますが、摂取し過ぎると血液がドロドロになる可能性があります。その点3や5は身体を温めながら血液をサラサラにしてくれますよ。ですが紹介した食品は身体を温める基準をクリアしている食品ばかりなので、バランスよく摂取して冷え性を改善していきましょう。

食品から冷え性を改善するのは栄養バランスを考えながらなので、始めは難しいかもしれませんが、食品から栄養素を摂取する事が身体には一番良いとされています。身体を温める食品は幅広い料理に使えるので味を変えたかったり食べ方を変えたい場合にはクックパッドを利用するのも良いですね。「冷え性」と検索していただければ冷え性対策の美味しいレシピが直ぐに出てくるので便利ですよ。サプリメントに頼る前にまずは食品から冷え性の改善を行っていきましょう!

6.冷え性の改善にはサプリメントも有効!お勧め“3選”はコチラ

冷え性の改善に繋がるサプリメントは主に2種類あります。

  • 身体を温める成分により体温を上げるもの(直ぐに体は温まるが持続力に欠ける)
  • 体内の巡りを良くして体温をあげるもの(即効性は無いが持続力は高い)

直ぐにでも効果を実感したい方には温め成分がお勧めですが、冷え性を根本的な部分から改善したい場合には巡りを良くする成分を含んだサプリメントを選ぶ方が良いです。今回は冷え性の改善に繋がるサプリメントを3つ紹介しますね。

6-1.美めぐり習慣

冷え性対策、鉄分不足対策で一番有名なサプリメントといっても過言ではないので、既にご覧になられたこともあるかもしれません。
1日に必要な鉄分摂取量、、吸収性に優れた「ヘム鉄」を100%配合と、鉄分補給サプリメントとして必要な成分がギュッ!と詰め込まれているのが美めぐり習慣です。また、鉄のパワーを最大限に生かしてくれる“相性の良い栄養素”である「アセロラ」「モロヘイヤ」「スピルリナ」が併せて配合されているので、無駄なく効果的に鉄のパワーを摂取できます、つまりは、冷え性対策としてダイレクトに働きをもたらしてくれる専用サプリメントということです。もちろん、このサイトでも一番におすすめしているのが美めぐり習慣。

また、これから購入する方にはうれしい「毎月300名限定!美めぐり習慣スタートキャンペーン」を行っているので、先着300名は初回66%OFFで購入できるがポイントですね。

6-2.高麗美人

最近では高麗人参が冷え性の対策に有効な成分として注目を浴びるようになってきましたよね。
高麗人参の効果は実証済みで、高齢人参を食べた後の体温計測実験でも驚きの結果を残しています。そして、高麗人参の有用成分であるサポニンの含有量は成長と共に増えていき、6年目にピークを迎えます。この高麗美人には6年根紅参だけが100%使用されています。

高麗人参には疲労回復や滋養強壮だけでなく、体内の巡りをサポートする力も高いとされてるので、冷え性の改善には高い満足度を得られている方も増えています。ですが、即効性をお求めの方にはお勧めできません。即効性は無いものの飲み続けることで、身体の芯から温まり持続時間も長くなっていくので根本的な冷え性の改善を求める方にはお勧めです。高麗美人には冷え性の改善以外にも体の重さや肩こりにも効果があるとされていますよ。

6-2.金時しょうが粒

国産の金時しょうがは、普通の生姜の約4倍も成分が多く含まれています。金時しょうが粒には、この国産金時しょうがをベースにヘスペリジン・ヒハツ・ヒアルロン酸が配合されています。ポリフェノールの一種であるヘスペリジンは体内の巡りを促進させ、滞りがちな排出をスッキリ排出へと促してくれます。コショウの仲間であるヒハツは体内の燃焼をサポートしてくれます。そして保湿効果の高いヒアルロン酸が配合されているので冷え性改善にはもってこいのサプリメントです。

こちらの金時しょうが粒は即効性があるので少しでも早く冷え症を改善したい方にはお勧めですが、効果の持続力は弱めです。ですが安心・安全にこだわっているので、農薬や化学肥料を一切使用せずに栽培された金時しょうがを使用しています。そして女性に欠かすことの出来ないヒアルロン酸が配合されているのは、女性としては嬉しいですよね。

高麗美人も金時しょうがも低コストなので、気軽にお試しできるサプリメントです。冷え性の改善にサプリメントを考えているなら、まずはどちらかを試してみて下さい。即効性を求めるか根本的な部分から改善したいのかは貴方次第なので好きな方を選んでもらって大丈夫ですよ。どちらも冷え性への効果は抜群です。どちらのサプリメントも副作用の心配が無いので、安心して飲んでいただけますよ!気になる方は早速サプリメントで冷え症改善を行いましょう。ですが、サプリメントだけに頼らずにバランスの良い食生活と生活習慣にも気をつけましょうね。

 

【おススメ!肩こり対策】

→ 肩こり対策専用サプリメント「なごみ美人」初回半額キャンペーン中! 詳細はこちら

 

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ