鉄分不足による女性の症状(頭痛・冷え・腰痛)対策と鉄分サプリによる上手な解消方法について。

ff96e1a6675c9718cdf81cac34c16c8b_s

1.鉄分不足が原因で起こる症状と女性の体との関わりについて

なんだか最近体がだるい、疲れがとれない・・・そんな症状はありませんか?もしかしてそれ、鉄分不足が原因で起きている症状かもしれませんよ。特に女性は鉄分不足になりやすく、放っておくと妊娠や出産にまで影響を及ぼしてしまいます。不妊治療をしている女性の多くが鉄分不足だという報告も聞かれていますし、いかに鉄分が体にとって必要不可欠な栄養素かということが分かります。こうした症状は放っておいて自然と良くなるという訳ではなく、それどころかどんどん深刻化してしまいます。どんな病気にも言えることなのですが、「早期発見、早期治療」が回復を早める最たることではないでしょうか。そういった意味でも、きちんと自分の体と向き合うことがとても大切なことなのです。

1-1.鉄分不足による症状

では、具体的に鉄分不足が原因で起こるとされている主な症状にはどんなものがあるか?めまい、立ちくらみ、疲れやすい、動悸に息切れ・・・こうした症状は貧血の代表的なところですね。貧血と聞いて真っ先に頭に思い浮かぶのはこういったところだと言えますね。ですが、実はそれだけではないのです。特に女性は毎月の生理の関係もありますが、あまりにも貧血がひどく、なおかつ出血量が多い、生理通がひどい場合は子宮筋腫の可能性も少なくありませんので、気になる場合は早めに婦人科を受診してみると良いでしょう。

1-2.むずむず脚症候群

ほかにも、女性だけに限らず起こるとされているのが、「むずむず脚症候群」です。これも貧血が原因で起こる症状だとされており、夜に症状が現れやすいようです。まるで両足を虫が這い回っているような不快感に襲われ、じっとしていられないというのがこの「むずむず脚症候群」です。放っておくと不眠やストレスのためにうつ病を発症してしまうという場合もあります。意外と知られていないことですが、こうした問題の根本的なところにも「鉄分不足」が潜んでいたりするのです。

たかが鉄分不足、貧血くらいで・・・と捉えられてしまいがちですが、鉄分不足が引き起こすとされている症状は多岐に渡り、私たちの生活に支障をきたすのだといことを、ぜひ覚えておいてください。

2.鉄分不足が引き起こす症状が「頭痛」。

その原因がはっきりしないことで知られている頭痛。悩まされている方も多いのではないでしょうか?突然の頭痛は対処できない場合も少なくなく、特に仕事をしている最中や外出した先で頭痛に襲われてしまうと色々と困ってしまいますよね?そんな頭痛の原因のひとつとして、「鉄分不足」が挙げられることをご存知でしょうか?鉄分不足が引き起こす様々な症状の中に、頭痛やその他の体の痛みも含まれているのです。中でも片頭痛は鉄分不足が原因で起こることが多く、きちんと鉄分を補うことで解消することが可能になるとされているのです。痛みが現れてから慌てて対処するのではなく、頭痛が起きにくい体を作ることが大切だとも言えるでしょう。

2-1.片頭痛のメカニズムについて

ところで、片頭痛は一体どういったメカニズムで起こるのかご存知でしょうか?片頭痛とは、血管の急激な拡張によって引き起こされる血管の炎症のことを指します。鉄分が不足していると体への酸素の供給がスムーズに行えなくなり、頭の酸素量も低下します。そうすると、血管が酸素を取り入れようとぐっと拡張します。この時の急激な変化が片頭痛の原因だとされているのです。

また、こうした血管の拡張、収縮のコントロールを行うのに必要な物質が「セロトニン」です。このセロトニンを生成する重要な役割を担っているのが鉄分なのです。鉄分が不足すると十分なセロトニンが作られません。セロトニンが不足すると精神的な安定を保つことが出来なくなり、ストレスや様々な原因の元となってしまいます。頭痛やその他の身体的不調だけではなく、心のバランスまでも崩していまいやすくなるのです。いかにセロトニンが重要な物質であり、それを生成する為に必要だとされている鉄分の役割の大きさが伺えるのではないでしょうか。

こうしたことも踏まえて、普段から意識的に鉄分を補うこと、また、食生活を見直し、バランスの良い食事を心がけることが重要であり、自身の体質改善に対する意識を高めていくことが必要なのです。

3.鉄分不足が原因で起こす症状には「腰痛」も。

鉄分不足は体温を下げ、体を冷やしてしまうってご存知でしょうか?鉄分は体の隅々まで酸素を十分に行き渡らせる重要な役割を果たしています。そして、各臓器では届いた酸素を使い、熱を発しながらそれぞれの働きをしているのです。ですが、鉄分が不足するとこの酸素の供給量が減ってしまい、酸素が不十分=各臓器の働きがうまくいかなくなる=熱量も下がるという悪循環が生まれてしまうのです。ですから、冷え性の人には鉄分不足の人が多いとも言われています。意外と知られていない事実かもしれませんね。鉄分が不足することで、特に女性の体は様々な不調を来たすとされていますが、その大きな原因のひとつが「鉄分不足による冷え」でもあるのです。

3-1.腰痛のメカニズムについて

この「冷え」が引き起こす症状の中に「腰痛」も含まれています。体が冷えることで血流が悪くなり、老廃物がきちんと除去されなくなってしまいます。そうすると、肩こりや腰痛、頭痛などの症状として現れてくるのです。こうしたメカニズムを知らない人が多く、その腰痛の原因が分からずに色々な病院を渡り歩いたり、接骨院や整体に通い続けているというケースも少なくないのです。まして鉄分不足、貧血と聞いても軽視してしまう場合が多く、積極的に改善しようとしない人が非常に多く見受けられます。たかが貧血。されど貧血。放っておくことで他にも様々な不調を引き起こしてしまいますし、その貧血の背景に、実は重大な病が隠されていたなんて場合もあります。鉄分不足はこうしたことからも、早期の対処がとても重要になってくるのです。

もしもひどい腰痛で困っていたり、なんだか最近体の疲れが取れない、だるいといった症状があるようでしたら、貧血を疑ってみてもいいかもしれません。貧血のセルフチェックはとても簡単で、舌の状態や、あっかんべーをしたときに下まぶたの内側が白くないかどうかなどでも判断出来ます。もしも思い当たる節があるようでしたら、早めに最寄の病院で医師の判断を仰いでみましょう。

4.鉄分不足の症状には「肩こり」も

デスクワークや前かがみの仕事をしていたりすると、ひどい肩こりに悩まされたりしていませんか?肩こりがひどくなると頭痛を引き起こしたり、目にまで影響を及ぼしたりもしてしまいます。こうしたひどい肩こりは、いわゆる現代病のひとつとも言えるかもしれませんね。ですが、実はこの肩こり、鉄分不足が原因で起きている場合も少なくないのです。鉄分不足と肩こりに関連性があるなんて、ちょっとびっくりしてしまうかもしれませんね。ですが、こうした背景を知ることで、その肩こりが改善するきっかけになります。ここでは「肩こりと鉄分不足」について述べていきたいと思います。

4-1.肩こりや腰痛になるメカニズムについて

鉄分不足の症状として挙げられるものには様々ありますが、中でも思い浮かぶのは、めまいや立ちくらみ、疲れやすいなどの症状ではないでしょうか。貧血で倒れてしまうなんて話はよく耳にしますよね。ですが、気付いていないだけで、「慢性的な肩こり」も貧血の症状としては非常に多く見られるのです。

鉄分は体の隅々まで酸素を供給する働きをしていますが、鉄分が不足してこの供給がうまくいかなくなると、体内ではいわゆる「酸欠状態」が起きてしまいます。体内の酸欠状態は体を冷やし、血流が悪くなってしまいます。すると、肩の筋肉に十分な栄養が運ばれず、また、不要な老廃物や疲労物質を排除出来なくなってしまうのです。その結果として「肩こり」や「腰痛」が起きてしまうという訳なのです。鉄分不足と肩こり、腰痛には、こんなところで関連性があったのですね。

4-2.効果的な対策は?

こうした不調を取り除くためには、やはり十分な鉄分を補うことが必要不可欠ではありますが、その不快な症状を緩和する為に、ゆっくりと温かい湯船につかりマッサージをするといったことも有効です。リラックス効果を求めるならアロマオイルを数滴垂らしても良いでしょうし、スクラブ(塩)を入れると体の芯から温まりますよ。膝の裏や太ももの付け根などのリンパマッサージもいいでしょう。ご自分のお好みのやり方を試してみることをおすすめします。

5.鉄分不足は鉄分サプリで解消を

日々忙しく働いていると、ついつい自分の食生活にまで気を配れないこともありますよね?まして、お付き合いでの飲み会や外食などもありますし、疲れた自分にご褒美の一杯・・・なんていう楽しみもあります。社会人にはこうした息抜きがとても大切だったりしますよね。ですが、こうした日々が続くとどうしても食生活が乱れてしまいがち。毎日の食事は私たちの体を作り、健康を維持するのにとても重要です。時にはきちんと自分の食生活を見直す機会も必要なのではないでしょうか。毎日の積み重ねは、良くも悪くも大きな影響を及ぼしてしまいますから、きちんとした食事、そして規則正しい生活を送ることが理想なのです。

5-1.鉄分の摂取が大切

さて、では具体的にどんなことに気をつけていかなければならないでしょうか?私たちの体を作り、維持していくのには様々な種類の栄養素が必要ですが、その中には「鉄分」も含まれています。鉄分不足が現代人に及ぼす影響は多岐に渡りますが、鉄分は食べ物から摂取するだけでは体に吸収されにくいという性質を持っています。鉄分不足にプルーンやレバーを摂りましょうというようなことを良く聞きますが、やはり食べ物だけで必要な鉄分を十分補うには限界があります。かなりの量を毎日毎日食べ続けなければならないでしょう。

5-2.鉄分は鉄分サプリで摂取

そこで、手軽に必要な鉄分、その他の栄養素を効率よく摂取するために「鉄分サプリ」を活用することをおススメします。いまやサプリメントはドラッグストアやコンビニ、通販など、様々なところから購入することが出来ますし、お値段も手ごろです。生活リズムに合わせてサプリメントの飲む量、回数など、その人に合わせて調整できるのも魅力のひとつ。また、気になる副作用も少なく、「栄養補助食品」として安心して取り入れることが出来ますし、持ち運びにも便利ですからどこへでも携帯していくことが出来ますね。うっかり飲み忘れたとしても、サプリメントは薬ではありませんからなんの支障もありません。

こうした面からも、サプリメントは私たちの生活をサポートしてくれるお守りとして重宝するのがおすすめですよ。

⇒ 鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら



コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ