【注意】肌荒れや痒みを感じたら「鉄分不足」を疑ってみる。

1.肌荒れや痒みの原因が鉄分不足?

鉄分不足は貧血だけでなく身体のあらゆる部分や心にまで影響を及ぼしているのは、もうご存知かと思いますが肌も例外ではありません。肌荒れや痒みの原因が必ずしも鉄分不足とゆう訳ではありませんが、肌荒れや痒みを感じた時に鉄分不足の可能性も視野に入れていただければと思います。

1-1.鉄分不足からくる肌荒れ

鉄分不足になると貧血になるのは知っていても、鉄分不足で肌荒れになるイメージは出来ないって方もいると思います。ですが、鉄分不足からくる肌荒れは貧血から始まっているんですよ。

鉄分は身体の隅々にまで酸素を運ぶ役割のあるヘモグロビンの原料です。なので鉄分が不足するとヘモグロビンの数が減少し、酸素が身体の隅々にまで行き渡らなくなります。結果、身体が酸欠状態になります。身体が酸欠状態になるという事は肌細胞も同じ様に酸欠になります。

肌細胞や他の細胞を作る際には鉄分と酸素が必要になります。なので、鉄分が不足しヘモグロビンが減少していると新しい細胞を作る事が難しくなります。そうなると肌のターンオーバーも乱れるので肌荒れが目立ってきます。

肌のターンオーバーが乱れると肌荒れだけではありません。肌のターンオーバーの乱れはニキビやシミといった肌トラブル、そして敏感肌になってしまう可能性を高めてしまいます。

ちなみにコラーゲンの合成にも鉄分は使われています。コラーゲンは美しい肌を維持するのに必要不可欠ですが、鉄分不足になるとコラーゲンの作られる量も減少します。コラーゲンの減少は肌の保水力の低下にも繋がってくるので、肌荒れは更に目立ちます。

1-2.鉄分不足からくる痒み

痒みを感じるのは乾燥肌や敏感肌といった肌質だけではありません。鉄分不足により新しい細胞が作られにくくなると、肌の保水力も低下します。肌の保水力の低下は乾燥を意味するので、肌が乾燥し痒みが感じやすくなります。

それでは鉄分不足が関わっている痒みの例を少し挙げますね。

  • 神経伝達物質(脳内ホルモン)が減少し自律神経が乱れて、感覚の伝達が正常に行われずに感じる痒み
  • 新しい粘膜が作れず粘膜が剥がれ落ちたままの状態で感じる痒み
  • 身体の隅々や肝臓・腎臓などといった内臓に十分な量の酸素を届ける事ができず、蕁麻疹やアレルギー症状が出てしまった時に感じる痒み

原因が違うように思えますが、どれも鉄分不足が関係しています。そしてこの痒みが続いてしまうと心身共にストレスを感じてきます。たかが痒みといって放置してしまうと、痒みだけでは済まされなくなる場合もありますよ。
鉄分不足からくる肌荒れや痒みの対策としては鉄分補給をすることですが、食事のバランスや生活習慣の改善も大切になってきます。そしてスキンケアもきちんと行って下さい。

肌荒れや痒みの原因は鉄分不足だけではありません。ですが、鉄分不足により肌荒れや痒みを感じることもあります。なので、肌荒れや痒みがスキンケアを行っても改善されない場合には鉄分不足を疑ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

2.肌荒れでかゆい!肌荒れやかゆみの解消法

2-1.肌荒れや痒みの解消法

季節の変わり目などに肌荒れを感じる方はとても多いですよね。すぐなおるだろうと、そのままにしておくと、炎症をおこしてしまったり、激しい痒みに襲われることもあります。

肌荒れの原因として多いのが、敏感肌です。外部からの刺激により、炎症をおこし、かゆみが出てしまったり、ヒリヒリと痛みを感じたり、赤ら顔になってしまうこともあります。

また、花粉症や動物性アレルギーなどのアレルギー症状として、皮膚に赤みや湿疹が現れることもあります。

そのほかにも乾燥肌による、肌荒れに悩む女性も多いようです。お肌の乾燥を防ぐために、化粧水や美容液の他にも保湿クリームなどで乾燥を防いであげることが重要です。

前に挙げましたように、皮膚に何らかの疾患が現れている、肌荒れが酷いという場合は、敏感肌用の低刺激の化粧品を使うことをおすすめします。そして、なるべくなら、メイクなども控えてお肌を清潔に保ち、しっかりと保湿をしてあげることが大切です。

かゆみなどの症状には、抗ヒスタミン剤などの、かゆみ止めも市販されているので、そういったものを使ってみるのも良いでしょう。

しかし、痛みや痒みがひどい場合には、皮膚科を受診して、ま患部の治療を行う必要があります。いくら低刺激で、敏感肌用の化粧品でも痛みや痒みがある場合に使用することはおすすめできません。
次に、鉄分不足による肌荒れです。鉄分不足に悩む女性に肌荒れの症状が出ることはとても多いようです。鉄分が不足することで、貧血状態になってしまうことが原因だと考えられます。

鉄分は食事だけで摂取することが難しい成分で、男女を問わず、日本人の半数以上が鉄分不足だと言われています。

このように、食事でとりきれない栄養素は、サプリメントで補うのがおすすめです。
鉄分や葉酸、カルシウムのように、不足しがちな栄養素はサプリメントをうまく活用するよう、厚生労働省も促しています。

鉄分不足による肌荒れであれば、不足した鉄分を補充してあげることで、徐々に改善していくものです。

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ