【注意】「隠れ鉄分不足」にはこんな症状が!貴方もチェックしてみましょう!

1.隠れ鉄分不足チェック!

まずは貴方が隠れ貧血かどうかチェックしてみて下さい!

  • 体の冷えを感じる(冷え性)
  • ダイエット中(食事制限有り)
  • 生理期間が長かったり回数が多い(生理通が酷い)
  • 肌のくすみ
  • 目元のクマ
  • 化粧ノリが悪い
  • 爪が割れやすい
  • 髪の毛が細く切れ毛になりやすかったり抜け毛が多い
  • 氷をガリガリと食べてしまう
  • 味覚を感じにくい
  • 刺激のある食べ物を良く食べる(辛いものなど)

貴方はいくつ当てはまりましたか?
当てはまる個数が多いほど隠れ鉄分不足の可能性が高くなります。鉄分不足=貧血じゃないのって思う方もいると思いますが鉄分不足は貧血だけじゃないんです。こういった普段感じる不調は鉄分が不足している証拠です。

ですがチェック項目にあるような普段感じる不調って放置される事の方が多いですよね。化粧ノリが悪いからって鉄分不足を疑う事はそうそう無いと思います。その結果、隠れ鉄分不足に気づかない方が大勢います。

隠れ鉄分不足は美容面にも影響してきます。肌の乾燥や小じわ・くすみ・目元のクマは隠れ鉄分不足の可能性があるうえ肌トラブルも起こりやすくなるんです。お肌の為に高い化粧品を使っていても、根本的な原因を解消してあげないと繰り返すだけです。綺麗なお肌を目指すならスキンケアだけでなく、隠れ鉄分不足の解消から始めましょう。

隠れ鉄分不足は「フェリチン検査」で見つける事が出来ます。鉄の濃度や貯蔵の維持を行うタンパク質の一種にフェリチンがあります。血清フェリチン濃度は肝臓などの貯蔵鉄量に比例する為
、フェリチンを調べると体内の貯蔵鉄量が推測できます。なのでフェリチン検査をすると隠れ鉄分不足を見つけることが可能なんです。

このフェリチン検査は保険適用ですが、普通の血液検査の項目には入っていないんです。なので隠れ鉄分不足が気になる方や貧血の症状がある方は医師にフェリチン検査をしてほしいと伝えてくださいね。

そして隠れ鉄分不足が気になり始めたら、鉄分摂取を意識して行いましょう。レバーや赤みの肉などの動物性食品には比較的吸収されやすいヘム鉄が豊富に含まれています。ですが、ヘム鉄の吸収率が高いと言っても他の栄養素と比べたら鉄分自体の吸収率は低めなので、鉄分の吸収を高める為に葉酸などのビタミンB群と一緒に摂取しましょう。

食事以外にも鉄分補給用のサプリメント・ドリンク・キャンディーなどを利用するのも良いですね。食事で鉄分を摂取するよりも手軽で簡単な補給方法です。

隠れ鉄分不足の方が現代の女性に多く見られるのは事実で、日本人女性の4人に1人は貧血状態にあると言われています。皆さんが思ってるよりも鉄分不足は女性にとって深刻な問題なんですよ。

なので、隠れ鉄分不足が他人事だと思わないで下さい。ただ気づいていないだけで隠れ鉄分不足になっている可能性だってあります。隠れ鉄分不足は体に様々な影響をもたらすので、上記のチェック項目に複数当てはまっていたら放置せずにフェリチン検査を行うか鉄分補給を始めて下さい。そして鉄分不足の症状からくる悩みを解消していきましょう。

 

1-1.鉄分不足による悪影響とは?

鉄分不足の自覚がなかったり、鉄分補給をするなどといった対策を行っていない方は多いです。ですが、今から紹介する鉄分不足による悪影響を知ったら鉄分不足を見て見ぬふりは出来ないと思います。私も鉄分不足による悪影響がこんなに酷いとは思っていなかったので皆さんにも是非知ってもらいたいです。

それでは鉄分不足による悪影響を5つ紹介しますね。

【1】異食症

異食症の原因の1つとして鉄分不足があります。異食症の中でも多く見られるのは氷をガリガリと食べてしまう氷食症です。氷食症になると氷を食べ続けてしまうわけですから身体が冷え胃腸の働きを悪くするだけでなく、固いものを噛み砕く行為を続けると顎関節症を併発する場合もあるんです。

そして異食症は氷の他に土やコンクリート・チョーク・紙・粘土などが無性に食べたくなるらしく、小児や妊婦さんに多いみたいです。

【2】身体にカビ

鉄分不足になると白血球に悪影響を及ぼします。白血球はカビの増殖を抑制したり病原体を攻撃する力があります。ですが鉄分不足になると体内での白血球を生成する力が低下し、病原体への攻撃する力が弱まるのでカビの増殖に繋がる場合もあります。

皮膚にカビが生えるだけでなくインフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります。貧血の方はインフルエンザワクチンの効果を得られない可能性があるとも言われています。

【3】固形物が飲み込めなくなる

食道粘膜を増殖する為には常に鉄分が必要となります。そして食道粘膜は食べ物などの刺激により剥がれ落ちてしまいます。なので鉄分が不足すると食道粘膜の増殖力が低下する為、食道が萎縮するので固形物が飲み込めなくなります。

症状が軽い場合は鉄分補給をすることで数ヶ月で落ち着く可能性もありますが、最悪の場合には金属の筒を通すなどの手術が必要となります。

【4】むずむず脚症候群

ドーパミンが正常に機能していない事が、むずむず脚症候群の原因と言われています。ドーパミンは脳の機能をスムーズに働かせるとゆう作用がありますが、ドーパミンを作る際と正常に機能させる為には鉄分が必要になります。なので鉄分が不足するとドーパミンが正常に機能できなくなります。

むずむず脚症候群は夕方から夜にかけて起こる場合が多く、不眠症を招く恐れがあります。不眠症が続くと身体や脳がしっかり休まらないので人によってはうつ病にまで繋がる場合もあります。

【5】不妊

鉄分不足は卵巣にまで悪影響を及ぼします。鉄分が不足すると黄体ホルモンの分泌を低下させます。黄体ホルモンには子宮内を妊娠しやすい状態にさせる作用がありますが、黄体ホルモンの分泌が低下することで不妊になりやすくなります。
これら5つの症状が鉄分不足による悪影響となります。なので、ここまで鉄分不足が悪化してしまう前に鉄分を補給するといった早めの対策を行うことが望ましいですね。普段の何気ない不調も鉄分不足の可能性があるので、どんなに小さな鉄分からのSOSも見逃さない様に意識していきましょう!

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ