鉄分不足は「肩コリ」の原因に!?食事とサプリで肩こり対策をする方法。

a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_s

1.鉄分不足が「肩コリ」の原因に。

鉄分不足は肩コリの原因になることがあります。。特に女性の場合、貧血などの症状も併発してしまい、毎日イライラしてしまう、など悪い症状が出てしまいます。鉄分が不足すると、疲れやすくなる、気力が無くなる、生活全般のバランスが崩れて、風邪などの病気が引きやすい、などの顕著な症状がみられることがあります。。また、寝付きが良くない、食欲低下などの症状がみられると、全体的に鉄分が不足してしまっている可能性があります。

鉄分は、レバーや乳製品、ひじきなどに多く含まれていますが、普段インスタント食品やカップめん、コンビニ弁当などの食事が中心になってしまうと、なかなか鉄分を十分に補給する機会が無くなってしまい、全体的に栄養が偏ってしまう、ということが考えられます。特に現代の生活は、このような鉄分不足に陥る傾向が強く、自分では気づかないうちに顕著に症状があらわれてしまっていることがあります。

女性では無理にダイエットをするなどのために、鉄分が不足してしまい、肩こりや精神的にもうつ状態になり、ふさぎこんでしまっている、ということがあります。。これは大変危険な兆候で、健康的な問題も当然大きな負担になっていますが、それ以外にも、身体のバランスが大きく崩れてしまっていることになりますので、全体的に栄養バランスが大きく崩れてしまい、身体の負担も大きくなってしまっている状態といえます。

鉄分が不足すると、のどのかわきや倦怠感などの症状が現れ、仕事に手がつかない、ということも顕著に表れてしまうことがあります。また、何をしてもやる気が出ない、という状況が続いている時は、少しの仕事でも緊張してしまい、顕著に肩コリが目立つ結果になってしまいます。鉄分は毎日の食事で意識して取り入れるようにすれば、十分に補給が可能なので、ぜひ外食が多い方でも、メニューに一品、鉄分の多い食事を取り入れるようにして無るのがおすすめです。また、忙しい方の場合、鉄分補給のサプリメントなどもお勧めです。

1-1.鉄分の補給で「肩コリ対策」を

鉄分不足は、現代の毎日の生活では不足しやすいとされています。特にインスタント食品が中心、外食が中心、という生活が続けていると知らないうちに鉄分が不足してしまいます。鉄分が不足してしまうと、肩コリなどの症状のほか、元気がでない、だるい、やる気が出ないなどの症状が毎日続いてしまい、生活のバランスを崩してしまうこともよくおこります。

これは大変危険な傾向であり、さらに鉄分が不足してしまうと、うつ状態の兆候がみられるなど、精神的にも影響を引き起こすことがあります。そのような症状を引き起こさないためにも、鉄分不足に陥らないための対策として、日常的にも鉄分を十分に補給できるようにすることがポイントです。ひとつの方法としては、吸収されやすい鉄分の食品を選んで、しっかりと補給をするようにすることです。

吸収されやすい鉄分が多く含まれた食品としては、ヘム鉄が含まれる食品として、レバー、牛肉、青魚、小魚、ひじきなどの食品に多く含まれています。一方で鉄分は含まれているものの、吸収されにくい食品として、納豆、チーズなどの乳製品、青梗菜などの一部の野菜などに鉄分が含まれています。鉄分が不足しやすい傾向としては、女性の貧血などがあげられます。女性の場合、慢性的に肩コリの問題を抱えていることもありますが、これは鉄分が全体的に不足している、という可能性があります。

女性の場合には、生理で毎月、30ミリの鉄分が失われているといわれており、毎月、さらに30ミリの鉄分が必要とされていますので、計、60ミリの鉄分をしっかりと補給しなければなりません。鉄分の補給を十分にするためには、これらの体内に吸収されやすいヘム鉄の食品をいかに、毎日の生活に取り入れるのか、ということがポイントになってきます。なるべくご自身で自宅でお食事をされる場合には、これら鉄分の多い食品を意識して取り入れることを心掛けていただければ、鉄分の補給には十分に効果があるでしょう。

1-2.食事改善で鉄分不足と肩コリを解消する

鉄分不足は、毎日の食事が原因になっていることがあります。現代の生活では、外食やコンビニ弁当、インスタント食品など手軽で便利な食事を中心としてしまう生活が続いてしまい、鉄分が不足してしまう、という傾向がみられます。これは大変危険なことで、とくに女性の場合には無理にダイエットをして鉄分が不足してしまっていることがあります。

一日や二日程度の食事の影響ではそれほどご自身で実感することはありませんが、毎日の生活の中で鉄分が不足すると、健康面のバランスも崩れてしまい、鉄分不足が顕著に表れてしまうこともあります。これは大変危険な傾向で、肩コリなどの症状の他にも、倦怠感、仕事への集中が続かない、毎日イライラする、不眠になる、精神的に落ち込む、などの症状がみられることもあります。

上述したように鉄分は、健康な成人で一カ月におおよそ30ミリを補給するのが望ましいとされてます。しかし、鉄分の多い食事を意識するとなると、青魚や小魚やレバー、肉類、シジミ、カキなどの海産物を食べるなどがポイントです。これらの動物性の食品は「ヘム鉄」が含まれており、身体への吸収率が高いことがポイントになっています。

これに対して、体内に吸収されにくい鉄分としては「非ヘム鉄」があげられており、主に植物性の食品に多く含まれています。一例としては、チーズ、納豆、ひじきなどがあげられ、生活の中で少し工夫すれば、うまく取り入れることが可能です。もし、慢性的な肩コリなどに悩まされている方であれば、実は鉄分が不足している可能性も十分にあります。ので、ぜひ鉄分でもヘム鉄が多く含まれている食品を意識して補給するようにされてみてはいかがでしょうか。
日々の生活の中で、鉄分不足は慢性的になりやすい症状の一つなので、そのような症状が続かないためにも、ぜひ工夫して、しっかりと毎日の生活の中で鉄分補給ができるように意識した生活で、ぜひ健康的に生活されてみることをお勧めします。

1-3.サプリでも慢性的な鉄分不足や肩コリを解消へ

現代の生活は、新鮮な野菜や魚類、肉類を食事で取り入れることが少なくなってしまい、慢性的に鉄分不足になってしまっている可能性があります。特に一人暮らしであると、なかなか自炊する機会もないため、そのような症状が顕著になっている可能性があります。。ご自身ではあまり意識していないかも知れませんが、鉄分が不足すると、肩コリをはじめとして、さまざまな症状を引き起こします。無気力になる、生活全般に対してバランスが悪くなる、集中力が続かない、うつ状態のようにやる気が出ない、などの症状がみられることがあります。

このような症状は慢性的に陥ることがあり、なかなか日々の生活で解消することができないことが大きな問題です。特に若い女性の場合には、多忙でなかなか食事に気を配れない、無理なダイエットをしてカロリーをカットしている、などのケースでは、一緒に鉄分が不足してしまい、慢性的に鉄分が不足してしまっている可能性があります。

鉄分が多く含まれている食品としては「吸収されやすい鉄分」が多く含まれているヘム鉄が多い食品を食事に取り入れることがポイントですが、意識しなければなかなか日々の食卓に並ぶことがないため、要注意です。

特に外食が中心の方や、お弁当やカップめんで生活されている方では、この鉄分が大きく不足してしまっている可能性があります。このような場合には、生活の中でうまく取り入れられるサプリメントをうまく活用されることをお勧めします。鉄分のサプリを利用する理由としては、鉄分でも体内に吸収されやすい「ヘム鉄」が多く含まれていることがポイントです。ヘム鉄は、同じ鉄分が含まれる食品の「非ヘム鉄」よりもずっと体に吸収されやすいため、一日に成人が必要とされている鉄分の60ミリをしっかりと補給できる、というメリットがあります。

鉄分が不足しており、肩コリなどに悩まされていると、不安を感じる方は、鉄分を補給しやすいサプリメントを、ぜひ活用してみるのをおすすめいたします。

【おススメ!肩こり対策】

→ 肩こり対策専用サプリメント「なごみ美人」初回半額キャンペーン中! 詳細はこちら

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ