口内炎の原因は「鉄分不足」!?治し方と予防法を知って早めにケアする為に。

9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s疲れたとき、ストレスがかかったとき、栄養が不足しているとき、そんなときにおこりやすいのが「口内炎」。口内炎は見た目は小さく、大したことを感じさせないですが、一度なってしまうとあの逃げ切れない痛みややり場のない苛立ちに大いに苦しめられる方も多いかと思います。ここではそんな口内炎トラブルに対しての詳細や対処法などをお伝えしていきます。

1.わずらわしい「口内炎」は鉄不足とビタミンB群の欠乏が原因の一つに!

“口内炎ができてしまうと死ぬほど痛いからイラつく!”

そんなイラつく口内炎ができる100%確かな原因というのは実はまだ分かってい部分もあります。ですが、いくつかの要因が口内炎を引き起こすというのは判明してきています。その要因の中で研究によってもっとも有力視とされているのが「鉄不足」と「ビタミンB群」の欠乏です。鉄不足やビタミンB群の欠乏は多くの女性が陥っている状態なのでいつ口内炎を発症してもおかしくありません。鉄不足といえば貧血による立ちくらみや疲れやすい、といった症状が代表的ですが、口内炎もその1つとされているんですね。

1-1.口内炎の治し方って?

口内炎の治し方で一般的なのがアフタゾロンやケナログなどの付け薬があります。また、歯科ではレーザー光線で口内炎の表面処理をしてくれるので即効性に良くなる場合があるので選択肢の一つとして考えておくのはおすすめといえるでしょう。

1-2.口内炎の予防

前途で口内炎の治し方についてお伝えしましたが、根本的な解決にはなりません。それよりも口内炎の予防と抵抗力の向上を踏まえた予防のほうが最善です。口内炎の予防としてビタミン剤などで有名な商品がありますが、効かないという声が多いですし添加物が多く含まれているのであまりおすすめしません。それよりも鉄不足やビタミンB群の欠乏を補うための食事管理やサプリメントを活用したほうがより有効的です。

1-3.食事管理による口内炎の予防方法

食事管理による口内炎の予防は以下の方法が有効です。

■1日3回の食事
鉄は体内に吸収できる量というのが決まっているので一気に取り込むのは効率が悪いです。ですので、 1日3回に分けて鉄を摂取したほうがより効果的です。

■ヘム鉄を多く含む食品を選ぶ
鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2つに分類されていて、ヘム鉄のほうが吸収率が良く効率的です。ヘム鉄が含まれる食品として代表的なのが「鶏・豚・牛のレバー」です。また、魚類ではカツオやイワシに多く含まれています。

■非ヘム鉄を多く含まれる食品
ヘム鉄を含む食品だけでは十分とは言えないので非ヘム鉄も積極的に取り入れたほうがより効果は高いです。
非ヘム鉄を多く含む食品はほうれん草や小松菜などの緑黄色野菜や納豆などの大豆製品にも多く含まれれています。
あとひじきなどの海藻製品にも多く含まれています。

■ビタミンB群を含む食品を摂取する
ビタミンB群については鉄分が入っている食品にほとんど含まれているので特に工夫する必要はありません。つまり鉄分を意識した食事をすればビタミンB群も一緒に取り入れることができるということです。なお、ビタミンB群を意識した食事をすると鉄分が不足してしまう恐れがあるのであまり気にしてはいけません。

2.口内炎の原因と効果的な対策を知って適切に対処する為に。

私はいつも決まって舌にできる赤い潰瘍のような口内炎に腹が立っています。丸い形なのもムカつくし治ったとしても忘れた頃にまたやってくる口内炎が無性に腹が立ちます!ということで、ここではその憎っくき口内炎の原因と対策について詳しくお伝えしていきます。口内炎の原因が分かれば予防や対策が判ってくるのでぜひ一読ください。

では、さっそく口内炎の原因について探っていきましょう。

2-1.口内炎の原因とは?

口内炎の原因についてはビタミン不足というのが一般的です。ですが、いくつかの研究によるとビタミンB群と鉄分の不足によるものが原因と有力視されています。なのでビタミン剤だけでは十分とはいえず、鉄分とビタミンB群をバランスよく取り入れることが重要となってきます。

とはいえ、口内炎のタイプによって治し方と対策は様々なのであなたの口内炎がどの分類に入るのかをしっかり把握してください。

2-2.口内炎の「種類」について。

【A】白くて小さいくぼみが1,2箇所できて痛む
口内炎ではもっとも一般的で「アフタ」と呼ばれるタイプです。原因は疲労や寝不足、ホルモンバランスの乱れ、鉄分とビタミンB群の不足などが上げられます。通常は2週間いないに治りますが、炎症を抑えるステロイド入り軟膏や貼薬が一般的な治し方ですが歯科でのレーザー治療が即効性があっておすすめです。

【B】水疱ができて痛みがあり熱が出る
こちらの症状が出た場合は、ヘルペスウィルスなどのウィルス性による口内炎の可能性があります。疲労や寝不足によって抵抗力が落ちた時に発症することが多いです。ウィルス性の場合ですとステロイド入りの軟膏は逆効果で専門医に診てもらったほうが良いです。

【C】頬(ほほ)の内側や舌にコケが生えたように荒れる
口の中には常駐しているカンジダというカビが原因となる症状です。子どもやお年寄り、病中病後の方など体力や免疫力が落ちている状態に発症しやすいです。この場合、体力回復すれば改善へと向かいますが長引くようなら専門医に診てもう必要があります。

【D】痛みは無いが死肉や舌、頬の内側の粘膜が白い
数ヶ月も消えない場合だと「白板症」の疑いがあります。前がん症状でもあるため早急に病院で治療を受ける必要がある症状です。2センチ以内の状態であれば治療によって8割~9割の確率で完治すると言われています。

以上、【A】~【D】とお伝えしてきましたが、このほかにも金属アレルギーなどで口内炎が発症する場合もあります。
主に歯の治療による詰め物やかぶせものに触れることが原因で歯科医に言えば違うもので代用して対処してくれますよ。

3.口内炎対策として。一番早い治し方と効果的な予防法について

口内炎になってしまうと美味しい食べ物も台無しになっちゃうからホント嫌ですよね。しかも普段の仕事やプライベートにも大きく影響してきます。なので、ここでは口内炎になってしまった時の最短の治し方と予防法について紹介していきます。口内炎は老若男女の幅広い年齢層の人が必ず経験している症状です。そのため、口内炎の治し方や予防法はたくさんの情報で溢れかえっています。ですが、今回の記事でそれに終止符を打とうという意味も込めてお伝えしていきますのでぜひ参考になさってください。

3-1.まずは口内炎の対策方法

口内炎はたとえ治ったとしても事前に対策しなければいずれまた発症してしまいます。なのでしっかりと対策の準備をしてくださいね。口内炎の対策としては冒頭でお伝えした通り、生活習慣の改善とビタミンB群と鉄分をバランスよく摂ることです。ビタミンB群と鉄分のバランスを保つコツとしては肉or魚、野菜、果物の3つをしっかり1日の食事に取り入れることです。

肉と魚、野菜で摂取したビタミンB群と鉄分を、果物に含まれるビタミンがサポートするいうのが理想的な流れになります。また、鉄分サプリを活用するのも有効です。鉄分とビタミンB群の働きをサポートするようバランスよく配合されているサプリメントは特に働く30代女性にとても指示されていて人気ですよ。

3-2.それは本当に口内炎なのか?

さて、つぎに口内炎の治し方と予防法を紹介する前に、そもそもその症状は口内炎なのかどうかを判別する必要があります。なぜなら口内炎に有効な治し方というのはありますが、治らなかったというケースが多々あるからです。

そう、そもそも口内炎ではなかったという場合があるんですね。

また、専門医によると口内炎だと思って来た患者さんを診断したら実は「がん」だったということは実際に聞くケースです。ここ数十年で口腔がんの発症率が2倍に増えていることもあるのでしっかりとした見分け方を知る必要があります。

3-3.口腔がんとは?

口腔がんの初期状態を口内炎と勘違いして通院される患者さんが近年多くみられているようです。口腔がんの初期症状の状の特徴は2つあります。1つ目は白板症と言われる症状です。白板症は口の中の粘膜が厚くなって白く見える病変で、6~10%が「がん」に進行すると言われています。2つ目は紅板症。紅板症は口の中の粘膜が薄くなって赤く見える病変で50%が「がん」に進行すると言われています。

どちらの症状も舌だけではなく口の中の粘膜全てに出てくるというのが特徴です。この2つの病変の見分け方についてですが、口内炎は2週間以内に治るという特性があることから2週間以上も口内炎が治らない状態が続くようであればその疑いがあります。口腔がんは早期に発見できれば95%以上の確率で治る病気ですのでずっと放置するのだけは絶対に避けてください。

次は口内炎を最短最速での治し方についてです。

3-4.口内炎の最短最速の治し方

口内炎を即効で治すには口の中で繁殖する細菌を抑えるのが一番です。そこで有効となってくるのが”うがい”です。細菌成分が入っているうがい薬や洗口液を使ってうがいするのが確実的で一番早い治し方と言えます。この治し方だと20秒のうがいを3回行うと口の中の細菌を10分の1に減らすことができ、さらに数時間も持続効果があります。

3-5.口内炎の予防法

口内炎の予防法についてはビタミンB群と鉄分をしっかり摂取することです。というのも、口内炎の原因はいくつかの研究によってビタミンB群と鉄分不足によるものと知られているからです。なので1日3食のバランスの取れた食事管理をすることが大切になってきます。食事管理が一度も成功したことがない場合は手軽にビタミンB群と鉄分を補給できるサプリメントをうまく活用してください。1日40円~100円程度で済むサプリメントはたくさん販売されているので食事管理よりも費用対効果が抜群でおすすめですよ。

3-5.サプリメントによる口内炎の予防

前述したように口内炎予防はサプリメントを活用することも有効な手段となります。サプリメントを選ぶコツとしては貧血予防を謳(うた)っているサプリメントを選んでください。なお、貧血予防に有効な条件としては鉄とビタミンB群を豊富に含まれているかどうかです。食事管理による口内炎予防が難しい場合はサプリメントを上手に利用してみることをおすすめします。

 

まとめ

以上、口内炎の原因や対策についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?冒頭でもお伝えしたように口内炎は見た目のサイズとは裏腹に痛みが大きく、且つわずらわしいという面倒な症状です。口を動かすのは人間の最低限必要な行為の一つである以上、仕事上でもプライベートでも関係なく影響を与える面倒な存在です。
口内炎を発症したら少しでもはやく、口内炎を抑えることができるように、適切な対応策に取り組んでいきましょう。

 

⇒ 口内炎で鉄分不足なら鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら




 

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ