妊娠中の貧血をサプリで改善、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えない為に

妊娠中の貧血、サプリで解決できる?できない?

妊娠中は多くの方が貧血に悩むといわれています。
貧血を悪化してしまうと赤ちゃんにも影響があります。
早めに改善したいですね。

妊娠中に貧血を悪化してしまうと、お腹の赤ちゃんも貧血や酸欠になってしまう可能性があります。

さらに、貧血による立ちくらみで転倒してしまってお母さんとお腹の赤ちゃんに悪影響を与えたくはありませんね。

妊娠中の鉄分不足には十分気をつける必要があるでしょう。

では、妊娠中に鉄分をどのように摂取することができるでしょうか?

一番理想的な摂取の仕方は、食事から鉄分を取り入れることなのですが、鉄分は吸収することが難しい成分です。

効率的に鉄分を補給できるのはサプリを飲むことでしょう。

でも、鉄剤やサプリを飲んでお腹の赤ちゃんへの影響は大丈夫なのでしょうか。

鉄分のサプリが赤ちゃんに悪影響を与えてしまうという心配はありません。

鉄分不足で貧血で悩んでいるときは、担当のお医者さんに、体調の変化を相談して鉄剤を処方してもらうこともできます。
鉄剤を注射で補給される方法を選ぶ方もいるようです。

お医者さんに相談して事細かに妊娠中の自分の体調を知ってもらい自分の体に一番合う鉄分補給を選ばれることをお勧めします。

軽度の貧血の場合、ご自分でサプリメントを飲み始める場合もあるでしょう。サプリメントのメリットは、副作用の心配をしなくても良いことと、鉄剤より気軽に始められることです。
また、選び方によってはほかの栄養素を同時に摂取することができます。鉄分は葉酸やビタミンCを同時に補給することで吸収を促進することができます。

では、サプリを選ぶデメリットはなんでしょうか?

サプリは1回の摂取量を調節しづらいことです。
成人男性の一日の必要な鉄分の摂取量は7mgから45mgです。成人女性は10mgから44mgとされています。妊娠中期に差し掛かると最低でも21mgの鉄分を摂取することが必要となります。
鉄分の過剰摂取は胃や腸を刺激してしまい胃もたれや便秘の症状を引き起こしてしまうことも考えられます。過剰摂取にならないように十分気をつけてくださいね。

可能であれば、自己判断で飲むのではなく専門の方の意見を聞いて体に負担をかけないようにサプリを賢く用いてください。

鉄分を補給するサプリを飲む場合、ヘム鉄100%のサプリを飲むことをお勧めします。鉄分は非ヘム鉄とヘム鉄に分かれており、ヘム鉄は非ヘム鉄よりも約5倍の吸収率があります。

さらには、非ヘム鉄のサプリは安価で手ごろなのですが、便秘になってしまう可能性が高いのです。

また、鉄分のサプリの吸収率を高めてくれる葉酸やビタミンCを同時に摂取するなら効率的に鉄分を摂取することができます。

妊娠中の大事な時期に鉄分不足にならないように十分気をつけてご自身とお腹の赤ちゃんの健康を引き続き守ってあげてくださいね。

 

【参考】

→妊娠中に摂取すべきおすすめのサプリならこちもチェック!

 

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ