ヘモグロビンを増やす方法は?正しい知識を身につけよう。

fig08
出典:慶応技術大学医学部血液内科「鉄欠乏性貧血」より

1.ヘモグロビンが不足するとどうなる?

血液内に含まれているヘモグロビンは、血液の中で酸素を運搬する働きがあります。このヘモグロビンが不足する事と、体の隅々まで酸素を十分に運ばれなくなってしまうのです。するとどうなるのかというと、まず体に疲れを感じやすくなります。人間は活動している時にも大量の酸素を必要としますが、同じく休息する時にも酸素を多く必要とします。しかし、ヘモグロビンが不足していると、睡眠中に、脳にしっかりと酸素が運ばれなくなってしまい、あまり体の疲れが取れなくなってしまうのです。さらには、酸素を使わない様にするため、睡眠不足を起こしてしまう可能性も考えられます。ヘモグロビンが不足するとこれらの他にも様々な症状が体に起こる為、しっかり増やしてあげる事が必要です。

1-1.ヘモグロビンを増やす方法は?

ヘモグロビンを増やす方法の一つとして、サプリメントがあげられます。サプリメントの場合、食品の栄養素から栄養を補給してヘモグロビンを増やすよりも、簡単で効率的な特徴があります。ちなみに、ヘモグロビンを増やす事に適したサプリメントとしては、鉄分や葉酸があげられます。特に鉄分は誰もが一度は耳にした事がある栄養素かと思われます。鉄分や葉酸は、血液を増やす為に非常に大切な役割を担っています。体内のヘモグロビンを増やす方法をお考えの方は、専用の鉄分サプリメントなどを上手に活用して摂取してみるのは一つの有効な手段といえるでしょう。ただ、過剰摂取は体調不良を起こす原因となるため、その点だけ注意しておいてくださいね。といってもサプリメントの袋の裏面などに書いてある使用上の注意などを読んでいただければ、問題はないでしょう。

 

1-2.食生活の改善によってヘモグロビンを増やす

ヘモグロビンを増やす方法として、食事を改善するのも効果的です。ではどのような食品をメニューに加えれば良いのかと言うと、シンプルに鉄分を含む食品です。これは例えば誰もが知っている食材で言えば肉類のレバーや赤身、魚介類ではアサリや牡蠣、シジミなどが挙げられます。これらの食品は一見して身近ではありますが、あまり献立に含まれない事も多いです。鉄分が不足するのはヘモグロビンの数が減る事とほぼ同様と考えてもらっていいです。そのため、そのような状態を改善する為にも、食生活を見直してみるのも選択の一つとして大切といえるでしょう。

2.ヘモグロビンの不足で起こる症状は?「鉄欠乏性貧血」について。

鉄欠乏性貧血という症状は、女性にみられやすいものです。割合で言うと大体4人に1人が起こっているとも言われているほどに発症率の高い症状なのです。この鉄欠乏性貧血になると起こる症状としては、目眩や息切れ、動悸、立ちくらみなどがあげられますが、これらの症状を自覚した場合には、貧血による可能性を疑う必要があります。

2-1.鉄欠乏性貧血が起こる原因について

鉄欠乏性貧血が発症する原因としては、多くは鉄分不足があげられます。鉄分が体内から不足すると、ヘモグロビンの量が減少します。ヘモグロビンは血液の中に含まれ、酸素を運ぶ役割があるのですが、ヘモグロビンが減少する事によって、十分な酸素が含まれた血液を体の隅々まで運ぶ事が出来なくなってしまうのです。その為、貧血が起こったり、さらには体が疲れやすくなってしまったりするなど、様々な症状が現れてしまいます。

2-2.習慣的な鉄分補給が大切

鉄欠乏性貧血を防ぐ為には、習慣的な鉄分補給が重要です。人間の体には大体4000mgもの鉄分が含まれているのですが、ここから1mgでも減っていく事によって、身体には様々な症状が起こってしまう事となるのです。一日の摂取量を把握し、食事やサプリメントから上手に補給していく事が大切です。そこで注意しておきたい事としては、鉄分は補給すれば良いというものではありません。過剰摂取は臓器に悪影響を与え、返って身体に悪いため、適正な量を摂取する事が大切です。

2-3.鉄欠乏性貧血の因子

女性に多いとされる鉄欠乏性貧血が起こる因子としては、まず生理があげられます。しかしこれは人間の生理現象であるため仕方のない事と言えます。ただ他にも無理なダイエットや偏った食事なども鉄欠乏性貧血を起こしてしまう原因になるのです。日頃の生活習慣に問題があると自覚している場合、まずは分かる範囲と改善出来る部分から治して行く様にしましょう。鉄欠乏性貧血は、生活習慣と食生活を改善する事で十分に予防する事が可能な症状です。

3.ヘモグロビンを増やす効果的な方法とは?

ヘモグロビンを増やす効果的な方法としては、上述したように鉄分をしっかりと補給することと、健康な身体になるために定期的に運動をすることの二つがあげられます。そう、食事と運動でヘモグロビンは増えるのです。こと食事に関しては、こちらも上述したように鉄分を摂取できる食材を意識的に摂取するように心がけてみてください。肉類のレバーや赤身、魚介類ではアサリや牡蠣、シジミ、ほかにも鉄分が多く含まれる野菜【ほうれん草)やチーズなどの乳製品、青魚などを毎日の食生活で上手に取り入れるのがおすすめです。ただ、現代の生活はこれらの鉄分が多い食品を毎日、外食で補給するには難しい環境にあります。インスタント食品やコンビニ弁当が中心の食生活であると、鉄分も不足がちになってしまいますので要注意です。

3-1.ダイエット中は注意を!

また、ダイエットをしている方や偏食気味の方は鉄分の不足からヘモグロビンが不足しがちになってしまう可能性があります。その場合、持続力がない、集中力が続かない、イライラする、不眠になる、などさまざまな症状が現れることがありますので、ぜひそのような傾向がないか、ということを意識してみてください。

3-2.運動不足にならないために

また、運動不足は現代の仕事の場合、デスクワークを中心としている方はどうしても多くなってしまいます。酸素の媒体となるヘモグロビンは定期的に運動をされている方の方が、当然体内で生産される量は多くなりますが、運動不足などが続いてしまうと、どうしてもヘモグロビンが不足してしまいがちになるので要注意です。このような場合、毎日の生活リズムの中で定期的に運動をする、など習慣づけることで、ヘモグロビンを回復できるところがあります。

4.まとめ

こちらでお伝えしてきましたよう、意識的に鉄分を含んだ食事をして、定期的な運動も行う、つまり食事と運動の両面から生活を見直すようにすれば、貧血などの症状がある方もヘモグロビンの体内生産の活性化などで回復できる部分がありますので、ぜひ意識してみてください。「慢性的に鉄分が不足している」という自覚されている方や「運動不足気味だ。。。」と思われる場合は、いきなり生活習慣やリズムを変更するのは難しいこともあるかと思います、その為、いきなり全てを取り組むのは難しいと思います。その場合はできることから徐々に、徐々に取り組まれていくのが良いでしょう。そして、その中でサプリメントなども併用していくことで、より効果的に、且つ無理なく鉄分量を摂取していくことが出来ます。ヘモグロビンを体内で生産できる環境を整えるようにまずはできることから一つ一つ取り組んでみてくださいね。

 

【参考】
毎月300名限定!66%OFFキャンペーン実施中。
▼▼▼▼▼▼

⇒ 鉄分補給サプリメント ≪美めぐり習慣≫

 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ