鉄分過剰摂取による症状と対策とは?適正な鉄分量を理解すれば副作用も防げます。

2da795d5c53cd59d86df7c9b6aaef94d_s

鉄分過剰摂取による症状や対策、適正な鉄分摂取量など、鉄分摂取におけるポイントをお伝えしていきます。普段の食事ではお医者さんも鉄分過剰摂取になることはないと言っている程ですので特に危惧する必要は全くありませんが、それでも鉄分摂取においてぜひ知っておきたいのが「鉄分サプリ」と「鉄剤の使用方法」。鉄分サプリ、鉄剤、他にも静脈注射等もそうですが、いずれも鉄分を補給するにはとても有効な方法です。ですが、過剰に摂取してしまって病気になってしまったら元も子もありません。なので、使用用途の厳守と体の異変をすぐに察知することを意識して上手に鉄分を補給することが大切です。しっかり使用方法を守って服用すれば生活に大きく負担となる貧血の予防に有効なので飲む量はしっかり守って快適な毎日を送れるよう、参考にしてみてください。

1.鉄分過剰摂取による症状の特徴とは?

鉄分過剰摂取による症状についてここでは詳しくご紹介していきます。
鉄分を補給することは冷え性やむくみといった貧血の諸症状を抑えるために有効な手段です。ですが、鉄分過剰摂取という行為だけは絶対にしてはいけません。とはいえ、鉄分過剰摂取を行った際に出る症状が分からなければ対策しようがありません。そのため、鉄分過剰摂取による症状の特徴について以下よりさっそくチェックしてください。

1-1.鉄分過剰摂取による症状

鉄分過剰摂取による主な症状としては嘔吐、吐血、腹痛、下痢、刺激、眠気、痙攣発作、意識消失などが鉄分摂取後の6時間以内に発症します。また、6時間以内に発症する上記のような症状は第1期の比較的軽い段階でもっとも重度な症状を引き起こす第5期(摂取後2~5週間)まであります。なお、発症するまでに掛かる期間が長ければ長いほど症状が重度になる特性があります。第5期の主な症状は肝硬変、脂肪肝、肝硬変などの重度の病気を引き起こす危険があります。

1-2.鉄分過剰摂取の対策方法

鉄分過剰摂取を継続的に行うことによって鉄が体内へ蓄積されて症状が重度化していく傾向にあります。ですので、第1期症状の嘔吐、下痢、など比較的判りやすい症状が出た時点で内科へ行って血液検査をし現状を把握することが大切です。なお、鉄分過剰摂取は普段の食事では起こりえないというのが医者からの知見で言われています。なので鉄分過剰摂取の大きな要因となるのが鉄分サプリと病院で処方される鉄剤ということになります。

1-3.鉄分サプリと鉄剤は危険なのか?

鉄分サプリと鉄剤のいずれも使用用途や服用量をしっかり守れば鉄分過剰摂取に繋がることはありません。ですが、一部では一気に鉄分を取り入れたほうが効果が早いと勘違いして毎日過剰に摂取していた場合は話は別です。なお、30歳以上の女性で鉄分を多く摂り過ぎないために設定されている耐容上限量は40mgとされており、普段の鉄分を意識した食事をしても6mg程度です。これに鉄分サプリや鉄剤を飲んだとしても40mgを超えることは常識的には考えられません。

1-4.鉄分過剰摂取の症状を引き起こさせない工夫

鉄分には動物性のヘム鉄と植物性の非ヘム鉄に分類されています。
人間も動物だからなのか分かりませんが、動物性ヘム鉄のほうが吸収率が高いにも関わらず鉄分過剰摂取の症状が出にくいとされています。なので動物性ヘム鉄が多く含まれる肉や魚を積極的に取り入れると安心できますよ。また、鉄分サプリを選ぶ時もヘム鉄を含む商品を選べば安全性が高まります。

2.鉄分過剰摂取への有効な対策方法について

さて、つづけてここでは「鉄分過剰摂取への有効な対策」について詳しくお伝えしていきます。
鉄分過剰摂取と言われるほどなので、それに伴って体に何かしらの異変が現れることは想像に難くありません。その症状の中で代表的なのが吐き気や嘔吐、下痢などを引き起こす胃腸障害です。ですが、胃腸が弱い方でも胃腸障害に似た症状がみられる場合もあるので見極めるのはなかなか容易ではありません。ですので、一番確実なのが内科での血液検査です。血液検査をすればヘモグロビン値や赤血球の数値、ヘマトクリット(血液中の赤血球の割合)などが数値化されて明確に分かります。さらに糖尿病、肝臓障害、高血圧などの病気の早期発見にも繋がるので健康維持には不可欠な検査です。

では、引き続き鉄分過剰摂取の主な要因や対策についてもお伝えしていきます。

2-1.鉄分過剰摂取の主な要因とは?

鉄分過剰摂取を引き起こす主な要因は病院で処方される鉄剤と静脈注射が上げられます。
鉄分は「日本人の食事摂取基準」によると推定平均必要量は一般女性で5.5mgで推奨量は6.5mgと設定されています。また、月経期間だと鉄分の必要量が9.0mg、推奨量が10.5mgと設定されており危険とされる耐容上限量は40mgです。40mgという鉄分量を普段の食事で補おうとすると常識的に無理で鉄分が多く含まれるレバーを1kg食べるぐらいしないと超えることはありません。そのため、鉄分過剰摂取は鉄剤と静脈注射による場合がほとんどと言えます。この場合は医者との相談の元で使用用途をしっかり守れば何も問題ない言えるでしょう。

2-2.鉄分過剰摂取は鉄分サプリが原因!?

鉄分を補給することで得られるメリットとしては貧血対策が主です。ですが、鉄分を多く摂ると血液中のヘモグロビン値が増えて酸素を体内へめぐらせてくれるため持久力が上がりスタミナの維持に繋がります。そのため、持久力を求めるアスリートにとっては成績に左右させる大きな役目を担う鉄分サプリは重宝されているんですね。なので怪我などで鉄分を失う機会が多いアスリートに厚生労働省が定めている食事摂取基準を超えた鉄分を摂ることを薦めている専門家もいたりします。もしあなたがアスリートで耐容上限量を超える鉄分を薦めてくる専門家が身近にいた場合は注意してください。鉄分サプリは必要量と推奨量を考えて飲む量が決まっているので使用用途はしっかり守ってください。

2-3.鉄分過剰摂取の具体的な対策方法

鉄分過剰摂取の具体的な対策法として有効なのが前途でも少し触れましたが体に現れる症状をしっかり把握することです。鉄分を過剰に摂取した場合の初期症状として6時間以内に吐き気、嘔吐、下痢などの症状があります。これらの症状が出たら鉄分補給をストップしてください。もし鉄分サプリや鉄剤、静脈注射を射った時に症状が現れたのなら一度病院で診てもらったほうがいいです。
もしかしたら胃腸に何かしらの異常がみられるかもしれないからです。。

3.適正な鉄分摂取量について

では、最後に「適正な鉄分摂取量」について詳しくお伝えしていきます。
適正な鉄分摂取量について調べてみると多くの場合10.5mgと言われています。実は10.5mgという数値は鉄分をかなり意識した食事をしないと満たすことが難しい数値だったりします。そのため、毎日の食事管理が嫌になって挫折するというのが多くの人が陥っています。ですが、適正な鉄分摂取量は年齢や性別、体質によって大きく変わってきます。

具体的に言うと女性の場合は月経による出血によって鉄分を失う機会が多いのでその時期は鉄分が多めに摂らなければいけなくなります。なので逆に月経期間以外はそれほど鉄分を必要としないということも言えるんですね。よって、全ての年齢と性別を網羅することは難しいので、ここでは30代の女性に向けた適正な鉄分摂取量について紹介していこうと思います。とはいえ、15歳以上の30歳未満の女性の方でも数値はあまり変わらないので参考にしていただければと思います。

3-1.適正な鉄分摂取量

・月経なし
推定平均必要量 5.5mg
推奨量 6.5mg

・月経あり
推定平均必要量 9gm
推奨量 10.5mg

・妊娠初期
推定平均必要量 +2mg
推奨量 +2.5mg

・妊娠中期・後期
推定平均必要量 +12.5mg
推奨量 +15mg

・耐容上限量 40mg

適正な鉄分摂取量で注意して見る所は月経期間と妊娠中期、後期の数値が普段よりも倍近く増えている点です。通常なら普段の食事で鉄分は十分に満たされますがそれ以外の場合は鉄分を意識した食事を心掛ける必要があります。

3-2.鉄分を心掛ける食事とは?

鉄分を心掛ける食事というのは鉄分を効率的に摂ることです。というのも、鉄分は熱に弱いという特性に加えて体内への吸収率が低い栄養素として知られているためです。では、具体的に鉄分を効率的に摂取できる方法お伝えしていきますね。

3-3.鉄分を効率的に取り入れる食事法

鉄分には吸収率が高い動物性のヘム鉄と吸収率が低い非ヘム鉄の2つに分類されます。また、鉄分の吸収率を高めてくれるビタミンCの存在も忘れてはいけません。なお、ビタミンCは個別に果物で摂取するしか取り入れる手段がないというのも知っておく必要があります。

以上の点を踏まえて鉄分を効率的に摂取する方法は以下の通りです。

1,動物性ヘム鉄(肉or魚)
レバー(鶏、豚、牛)、赤身の肉、カツオ、イワシ、キハダマグロなど。

2,植物性非ヘム鉄(野菜、大豆製品、海藻類)
ほうれん草、小松菜、菜の花、納豆、ひじきなど。

3,果物(ビタミンC)
レモン、アセロラ、キウイなど。

この1~3の栄養素をバランスよく取り入れれば適正な鉄分摂取量を満たすことができます。なお、個別で食品名を明記しましたがそれほど意識する必要はありません。大切なのは1~3を1回の食事にしっかりと取り入れることです。

まとめ

さて、ここではここまで適正な鉄分摂取量と鉄分を効率的に摂取する方法などについてお伝えしてきました。鉄分の摂取に一番いいのは自然の食事から取り入れるのが理想ですが、毎日仕事で忙しい場合は、やはり手軽に補給できるサプリメントが有効です。適正な鉄分摂取量を毎日継続して満たすことで得られるメリットは体調が良くなって元気になれるほかに周りへの影響力も変化してきますし、その結果、生活のクオリティーも上がるので、適切な鉄分の摂取は非常に大切といえます。カラダが充実した毎日を過ごせるようになれば、運命の出会いの確率も飛躍的に上がるかもしれませんね!?

 
【参考】
⇒ 鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫




 

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ