いまさら聞けない?「鉄分を失いやすい理由」とその対策について。

e271c274fc94d2ade7b920388b1f9a12_s

1.鉄分を失いやすい理由に注意しよう

鉄分が失いやすい理由としては、ダイエットや偏食などの食生活が続いていることがあげられます。女性の場合には、まずダイエットをするときには肉類などの食事制限をしてしまいますが、実は肉類には鉄分が含まれていることで知られています。そのため、毎日の食事を減らすとなってしまうと、知らないうちに一緒に体内から補給される鉄分が減ることによって鉄分が失いやすい理由につながっています。

女性の場合には、このほかにも生理によって鉄分が失われている、ということがあります。一回の生理によっておおよそ30ミリの鉄分が失うとされており、この量は成人が一日に必要となる鉄分と同様の量ですので、女性の場合にはさらに多くの鉄分を補給することが必要となります。また、偏食でも同様で、不規則な食事を続けることによって、必然的に体内の鉄分が減ってしまい、気付いた時には体内からかなりの量の鉄分が不足してしまっている、ということがあります。

慢性的な肩こりや、イライラ、ストレスなどの症状がみられることも多く、鉄分不足が原因とご本人様も気付かないことも多く見受けられます。食生活を意識することで、鉄分の補給は可能となりますが、ポイントとしては「体内に吸収されやすい食品」を多く取り入れることです。鉄分が吸収されやすい食品としては、レバーなど有名な食品のほかにも青魚、肉類などが有名です。

これらの食品には体内に吸収されやすい「ヘム鉄」が含まれているため、効果的に鉄分を補給することができることがポイントです。また、植物性の食品に含まれている鉄分の多い食品としてはひじきや納豆、ホウレンソウなどの野菜類にも含有していますが、体内には吸収されにくい非ヘム鉄となっているため、ヘム鉄の食品と合わせて効果的に取り入れることがお勧めです。

現代の生活は、どうしても慢性的に鉄分が不足しやすい環境にありますので、ぜひ毎日の生活で鉄分不足にならないためにも、上手に食生活を工夫されることをお勧めします。

1-1.食事で無理なく鉄分補給

食事で効果的に鉄分補給するためには、まず、鉄分の多い食品を理解しておくことが大切です。鉄分が多い食品には大きく分類して「ヘム鉄」が含まれている動物性の食品と、「非ヘム鉄」が含まれている植物性の食品があります。これらのふたつの区分の鉄分が含まれる食品は、日常的な食生活では不足してしまうことがあり、慢性的な鉄分不足になってしまうことが考えられます。

特に若い女性の場合には、無理なダイエットなどによって、食事制限をしている時などは、肉類を食べない、などの生活が続いてしまい、結果的に肉類に含まれている鉄分が不足してしまっている、という結果になってしまっている可能性があります。ご自身ではあまり気付かないうちに、この慢性的な鉄分不足が食事が理由で進行していることがあり、特に仕事で忙しい、などで食事に十分な時間をかけることができない場合には顕著になってしまうことがあります。

また、一人暮らしをしていると、どうしてもコンビニ弁当やインスタント食品、カップめんなどが多くなってしまうと、当然、鉄分が含まれている食事を取り入れる機会が少なくなってしまうリスクがあります。ご自分では気づかないうちに、食事から補給できる鉄分が不足している、ということは十分に考えられます。

そのような慢性的な鉄分不足にならないためにも、ぜひ、鉄分が多く含まれる食品を毎日の生活に上手に取り入れるようにすることをお勧めいたします。ひとつの方法としては、鉄分が多く含まれる食品である、レバーや豚肉などの肉類、青魚やしじみなどの食品を意識して取り入れるようにしてみてください。

また、食事でどうしても鉄分を多く取り入れることが難しいのでしたら、サプリメントなどを活用することをお勧めします。これであれば、毎日無理もなく鉄分を効率的に補給することができますので、負担なく効率的に鉄分を補給できる、というメリットがありますので、こちらもぜひ意識されてみることをお勧めいたします。

2.鉄分補給にサプリがおすすめの理由

現代の生活では、鉄分が不足しているため、肩コリや頭痛、慢性的な疲労などの症状が顕著に出てしまっている例が多いとされています。ご自身では気づかないものの、実は鉄分が多い食品を食べる機会が少ないことを振り返ってみること分かるはずです。

仕事をされている方でつい、忙しいと外食が中心になってしまう、一人暮らしをしているために、ご自身で料理をすることがない、などの方も多いでしょう。また、ダイエットをしているために、肉類など全体的にカロリーが高い食品を食べる機会が少ない、ということも多いはずです。そのような生活リズムが一度、身についてしまうと慢性的な鉄分不足に悩まされる結果になってしまいます。

これは、意外と恐ろしいことであり、ご自身では気づかないうちに、鉄分不足が当たり前になってしまい、鉄分不足から引き起こされるさまざまな健康への影響が表れている可能性があります。一例をあげると、鉄分が不足するとヘモグロビンの濃度が低下するため、めまいやみみなり、頭痛などの原因になってしまいます。このように、自分では気づかないうちに、毎日の食事で鉄分が不足している、という方は実は多くみられます。そのような方に、手軽に毎日、鉄分を補給する方法としてお薦めなのが、鉄分のサプリメントを活用することです。

2-1.サプリは「続けやすい」のがメリット

この方法のメリットは「続けやすい」ということがお勧めの理由です。この方法であれば、忙しい方でも、毎日手軽に続けることができますし、効率よく鉄分を補給することができますので、負担なく生活の中で鉄分を補給できる、というメリットがあります。特に、食事のバランスが崩れてしまっている、ということで生活の中で不安を感じる方は、ぜひサプリメント活用して、鉄分不足を補うようにされてみてはいかがでしょうか。
慢性的な鉄分不足は習慣になってしまい、なかなか脱却できないままになってしまうことがあります。。
そのような習慣に陥らないためにも、ぜひ意識して鉄分のサプリメントを食事と一緒に活用されることをお勧めいたします。

3.まとめ

以上、「鉄分を失いやすい理由」と、その対策についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?鉄分不足は、もはや現代病の一つといっても過言ではないほど。普段の生活から摂取するのが難しい栄養素の一つです。しかしながら体のめぐりやバランスを調整するのに大きな影響を持つ栄養素でもあり、決してないがしろにすることはできません。「鉄分をどのように摂取するか?」普段の食生活からできる限り意識して取り入れるようにしてみてください。そして難し用であればお伝えしてきたように専用の鉄分サプリメントなどを上手に活用するなどして、鉄分の摂取をしていくよう心掛けてみてくださいね。

⇒ 鉄分補給サプリメント≪美めぐり習慣≫ 詳細はこちら



コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ