肩こりや冷え性の原因を解決!効率的に対策しよう

1.冷え性や肩こりの主な原因について

冷え性や肩こりの主な原因は様々ありますが、その中で血液関係に注目して説明をしていきます。
血液が関係とする原因としては、血行不良などがあり、それが原因で冷え性や肩こりを出していることが結構あります。特に、あまり動かない人や生活のやり方がかなり悪いと血流がだんだん悪くなり危険な状態になりますので注意です。
これを解決するためにも血流の循環を正常化させてから血液を作るようにしましょう。また、生活の見直しもするようにしてください。これが原因で悪循環から逃げることが出来ない場合がありますので注意です。

1-1.対策について考える

血流関係が悪くなる原因の1つとして環境の気温が良くない場合があります。主に血流は寒さにより悪くなりますので注意しましょう。
夏場はそういったことを考えなくても良いと思われますが、最近ではエアコンが原因で血流が悪くなっていることがありますので注意しましょう。ですから、しっかりと対策をするようにしてください。あまりにも寒い場合はエアコンを消すか、何かを着ることをおすすめします。
他の対策としては入浴やシャワーなどで温めることです。暖かくすることで血流をかなり良くすることができるので冷え性や肩こりを解消することが出来ます。蒸しタオルやカイロを使用するのも良いので温めるようにしましょう。
あとは、運動などをすることをおすすめします。運動不足などで血流が悪くなっていることがありますので、解消するためにも運動をして体に流れる血流の流れを正常化しましょう。

1-2.血液が足りないのも良くない

血流がせっかく良くなっても血液の量が少ないとよくありません。特に対策として運動をする時に血液不足により倒れる場合もありますので、それの対策をするようにしましょう。
血液を獲得するためには鉄分を獲得するのが良いです。鉄分を獲得できる方法はいくつかありますが、吸収などを考えると鉄分補給のサプリなどを使用することをおすすめします。吸収量が良いので使ってみると良いでしょう。

 

2.鉄分不足を補えば肩こり冷え性が改善される

2-1.鉄分不足による冷えや肩こりへの対策

体内で鉄分が不足してしまうと、ヘモグロビンの減少が起こります。するとヘモグロビンの大きな役割である、酸素の運搬作用がうまく働かなくなることから、体が酸欠状態になってしまいます。体に酸素が行きわたらなくなったことで、血液の巡りも悪くなり、冷えや肩こりなどの症状が現れるのです。

この症状を改善してあげるには、不足した鉄分を補ってあげればいいわけです。

しかし、今まで鉄分補給がうまくいっていなかったということは、食生活自体を改善してあげるか、サプリメントを利用するほかありません。そのままの生活を続けていると、鉄分の貯金であるフェリチンを少しずつ切り崩して使っていくことになります。そうならないためにも、毎日少しずつ鉄分を貯金していくことが、症状の改善につながります。

食事だけで補いきれない成分はサプリメントで補うようにすると良いでしょう。だからと言って、一日の用量以上の鉄分サプリメントを飲むのはNGです。鉄分には一日の推奨摂取量が定められていて、その量を大きく超える量を摂取し続けてしまうと、肝硬変や糖尿病など、重大な病気につながってしまうこともあります。一日の推奨量をしっかりと摂取することを続けていくのが大切です。

鉄分不足が解消されれば、肩こりや冷えと言った症状も少しずつ改善されていきます。それどころか、鉄分をしっかり摂取するようになってから、よく眠れるようになったり、お肌の調子が良くなる、疲れにくくなるという方がとても多いようです。
このように体調がよくなるなどの効果を感じる方が多いようです。鉄分は人間にとって不可欠なミネラルだというのにも納得できますよね。

また、肩こりや冷えなどの対策として、全身の血行を促すために、足湯や入浴中のマッサージなどが効果的です。体を温め、巡りを良くしてくれる効果のある、しょうがを料理などに用いるのも良いでしょう。飲み物や食べ物もなるべく温かい物を摂るようにして体を冷やさないようにすることが重要です。

コメントは受け付けていません。

妊娠・妊婦さん向けの当サイト人気記事はこちら

 
bnr_ninp

妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちらをご覧ください。

→→ 妊娠中の鉄分補給・栄養補給対策はこちら。

生理前・生理中のふらつき対策の人気記事はこちら

 
サブコンテンツ

このページの先頭へ